読書録:『世界しあわせ紀行』


アメリカ人ジャーナリストが、世界で最も幸せな国を探して旅したエッセイ。

海外特派員として戦地など「不幸な国」をたくさん取材した著者は、あえて幸せな国に旅することを考える。「税金を払わなくていいような裕福な国」「何度でも失敗が許されるような国」「物事を深刻に考えることが良くないとされている国」。もしも、そんな国に暮らしていたら、幸せになれるのか?

その「無謀な実験」のために訪れのは、オランダ、スイス、ブータン、カタール、アイスランド、モルドバ、タイ、イギリス、インド、アメリカの10カ国。だいたい、うなづけるチョイスだけど、ひとつ「?」と思ったモルドバ(旧ソ連で、その後独立した国)は例、外的にあえて「不幸な国」として訪れた場所。

各国でいろいろな人にインタビューしたこと、筆者自身が旅する中で感じたことを、独特の目線で綴っていく。

よくある「幸せな国を紹介する本」と違うのは、どの国に対しても、決して手放しで褒めてはいないこと。あくまで本人の主観に基づいて、かなり懐疑的な発言も多い(そっちの方が多いかも)。

旅を終えた筆者は、「旅の途中、多くの矛盾点に突き当たった」と振り返る。「スイス人は心配性でなおかつ幸せだが、タイ人はのんきで幸せだ。アイスランド人は度を超した飲酒に喜びを見いだすが、モルドバ人は惨めさを見いだす」と。

つまり、「幸福に通じる道はひとつではない」という、言っちゃぁなんだけど、かなり当たり前な結論だ。

とはいえ、イライラしたらタイ語の「マイ・ペン・ライ(気にしない)」とう言葉を思い出すようになったり、この旅の各地で学んだことは、筆者の人生を良い方に変える効果はあったようだ。

そして、最後にたどり着いたのは「幸せになるには他者との関係が絶対に重要」ということと、「100%の幸せ」を感じることはなうても「フィフティフィフティー」ぐらいでも上出来だと。あとがきには、さまざまな協力者への謝辞を述べた後、自分の妻に感謝を捧げ、「彼女こそ私の幸福の源泉である」と締めくくっている。と、まさに「幸せの青い鳥」的なオチ。

かなり分厚い本で、文字も小さめで、要するにとてもボリュームが多い上、皮肉まじりの独特の言い回しが、おもしろいんだけど冗長な部分もあって、飛ばし読みしちゃった部分もあった。

でも、幸せ云々というのはともかく、各国の国民性の描写が興味深くて、全体的にはなかなか面白く読んだ。

特派員として東京にも滞在した経験があるらしく、「日本人のように●●ではないが」とか「●●なのは日本人と●●人ぐらいだ」みたいな感じで、あちこちに日本についての描写もある。だいたいが、まあよくありがちな日本人像なんだけど、どうせなら、日本も訪れて「日本人的な幸せ」についても批評してもらいたかったな。

そうそう、幸福論について印象に残ったのがひとつ。最後の方に「幸せとは惨めじゃないこと」と書かれている部分があって、これは当たっているのかなと思った。幸せとは何かの定義は人それぞれ。お金がなくても、健康じゃなくても、幸せだと思う人はいる。どんな状態であれ、「自分は惨め」と思ったらやっぱり不幸だと思うから、少なくとも「惨めだとは思わない」ことは幸せのひとつの条件なのかもね。








2016.12.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: