美術館とイルミネーションとスペイン料理と。

そういえば、書くの忘れてた、ちょっと前のお出かけの記録。


そもそもの目的は、上野の東京都美術館でやっていた「ゴッホとゴーギャン展」に行くこと。
IMG_2345.jpg 

平日にいったのに、結構な混雑。タイトルが示す通り、主に2人の関係性をテーマにして、出会い前、出会い後、どんな風に画風に影響があったかということにフォーカスした展示だった。

ゴッホの絵は、この前オランダでゴッホ美術館やアムステルダム美術館にも行ったのでたくさん見てるし、それなりに思い入れもある。一方のゴーギャンは、いろんな美術館でよく見かけるけど、「あ、ゴーギャンだ」って思うぐらいでスルーしちゃってた。やたら輪郭の太いたくましいタヒチの女の人の絵、ってイメージ? でも、この展覧会ではそういう感じじゃない絵もたくさんあって、ちょっと新鮮だった。

この2人、一時はいっしょに暮らしたぐらいの仲だったのに、ゴッホの耳切事件とかがあって、すぐにゴーギャンが逃げ出してしまったというのは有名な話。でも、この展示会のオーディオガイドなどの説明によると、その後も2人の交流は続いていて、ゴッホよりうんと長生きしたゴーギャンは、晩年に「肘掛け椅子のひまわり」という、ゴッホへのオマージュとも言える作品を残している。

この展示会では、その絵が一番最後に展示され、「ふたりの絆は永遠に。。。」みたいな雰囲気で幕を閉じる演出。ちょっと強引な感じもしたけど、テーマを分かりやすく伝えるという意味では、よくできていたのかも。

せっかく上野まで行ったので、その後渋谷に移動して、「青の洞窟」というイルミネーションを見物。
IMG_2352.jpg 

青色LEDって、見た目通りに写真に色が出ない。ホントはもうちょっと違う感じなんだけど。まわりで写メしてる人みんな、「うーん、色がなんか違う」って言ってたから、しょうがないのかな。

テレビ中継らしき者にも遭遇。
IMG_2355.jpg 

5時半ぐらいだったから、どこかの夕方のニュースのお天気コーナーか何か?

夕飯は、椿堂バルというスペイン料理屋へ。
1D0F51A4-EFA7-4B30-B3DD-1332DFC68332-COLLAGE.jpg 

気取らない感じのバルで、お料理がなかなか独創的なものがいっぱい。2人だとそれほどたくさん食べられないのが残念。スペイン料理っておいしいよねぇ♪

左下の写真は、柿とモッツァレラのカプレーゼ。定番はトマト、最近は桃との組み合わせが人気だけど、柿もおいしかった! 今度家でも試してみよう!




2016.12.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: