歯の着色を防ぐには

今日は、歯医者さんに行って口内のお掃除をしてもらってきた。


基本的には半年に1回行くようにしてるんだけど、最近はいつも「きれいに磨けてるのであまり汚れてないけど」みたいに言われることが多かったので、なんとなく伸ばし伸ばしにしているうちに気がついたら10カ月たってた。

さすがに「いつもに比べると時間が経った分ちょっと汚れてますね」と言われてしまった。歯と歯の間の歯垢はあまりないのだけれど、歯の裏の着色がけっこうあるのだという。自分でもなんとなく気づいてはいたけど、どうせ見えないし、いいか、みたいな。

歯と歯の間のお掃除は結構気合いを入れていて、毎日フロスを通したり、ウォーターピックで洗浄したりしていたけれど、歯の表面そのものはあまり気にしていなかった。そのせいなのかなぁと思って聞いてみると、そういうわけでもなさそう。

お掃除を担当してくれた歯科衛生士のお姉さん曰く、コーヒーやワインなど色の付きやすいものを飲んだら、すぐに水でゆすぐだけでも随分違うのでは?とうこと。その話自体は、前にも聞いたことあったけど、「コーヒーを飲んだカップも、そのままにしておくと汚れがこびりついちゃうけど、すぐ水につけておくと違いますよね」って、説得力ある(笑)。

それ以外にも、いろいろなことをすごく丁寧に説明してくれたお姉さん。これが美人なんだな(笑)。

この歯医者さんは、土日も夜もやっている大きな医院で、医者も衛生士もたくさんいる。「お客様満足度」を大事にするのが院長の方針らしく、どの人もとても丁寧なんだけど、お医者さん、みんな若くてイケメンが多いよね~と思ってたら、夫によると、女の子はみんな若くて美人が多いと言う。お互い、異性しか目に入ってないのねと笑ったけど、言われてみると、確かに女の子も美人が多いかも。

きっと、容姿や好感度も採用の基準に入ってるのね。

と話がそれたけど、そんなわけで飲み食いした後は、とりあえずなるべく早くブクブクうがい、忘れないようにしよう!


2017.01.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: