父を説き伏せる方法を考える

認知症の症状が進んでると思われる父。病院に連れて行くとか、財産や収入の状況を把握するとか(それが分からないと、今後施設などを探すことになったとき、どの程度のものが利用できるのか決められない)、やらなくてはいけない難題がいろいろある。どれも抵抗を示すと思われるので、どのように納得させるかが知恵の絞りどころ。

病院については、認知症うんぬんではなく、「体の健康状態や飲んでいる薬について把握しておきたいから」と説き伏せるつもり。再来週母の通院に付き添う予定なので、その足で実家へ行って泊まり、「今日はお母さんと行ったから、明日はお父さん」と言えば、受け入れてくれるかと。もちろん父には単なるいつもの通院ということにしておいて、影でこっそりお医者さんに認知症検査のことを頼んでおくつもり。

財産について。昨日ふとひらめいたのが、「マイナンバーの関係で届け出が必要だ」という論理。マイナンバーが何か理解してるかは怪しいけど、「そういうのが始まったの知ってるよね? 新聞にも書いてあるでしょ」ともっともらしく迫れば、プライドの高い父のこと「ああ、そうだったな」なんて知ったかぶりするのではないかともくろんでいる。というアイディアを夫に相談してみれば、「なんか、振込詐欺みたい」と笑われたけど。

そして、迷子札について。今のところ、まだ徘徊したり迷子になったりはしないのだけれど、近い将来、そんな日も来るのではないかという感じ。そうなる前に、何か住所や連絡先の分かるものを持たせておいた方がよかろうと思う。そこで、考えたのが、名刺。名刺の用紙にパソコンから住所や電話番号、名前などを印刷して、「お父さん用の名刺作ってあげたから、使ってね」と何枚か渡して、おサイフにも一枚入れてしまおうという作戦。

何ごとも、正面きって理屈で説得しようとしても無駄。かといって無理矢理というのもむずかしい。でも、なんとかその場をつくろってしまえば、どうせすぐ忘れちゃうから、後になって突っ込まれる心配もない。だから、いかにしてその場で「当然のこと」と抵抗なく受け入れてもらえる方法を工夫しようというわけ。

さあて、うまくいくかどうか、報告楽しみにしててね!








2017.01.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: