映画『シンゴジラ』

遅ればせながら、シンゴジラを観てきた。アクションものは興味もないし、、、とスルーしてたけど、単なる怪獣もの?じゃない見方の話をあちこちで耳にして、地元の名画座に下りてきたしと行ってみた。


ある日突然、東京に姿を現したゴジラ。想定外の出来事に右往左往する政府。自衛隊を出動するも効果なく、ゴジラはどんどん進化を続けて強大になっていく。これは人類の危機!ということになり、ついには多国籍軍による核攻撃が決定する。それ以前になんとかゴジラをやっつけることはできないのか?というストーリー。

今までのゴジラシリーズはどうだったのか知らないけど、この作品のメインは、巨大不明生物出現という想定外の出来事にあたふたする日本政府の姿。非常事態だというのに、やれ所轄官庁はどこなのかとか、許可を得ないとできないとか、前例がないからとか、「日本あるある」なシーンが満載。役者さんたちは大まじめに演じてるけど、むしろこっけいに見えるという悲しさ。

もちろん映画だから誇張されている部分もあるだろうけど、「いかにもありそう」と違和感なく見えてしまうあたりがヒットの要因なのかなと思った。悪者をやっつけてスカッとするという映画ではなくて、今の日本の現状を見せつけられるというか。反対に、この作品は従来のゴジラシリーズに比べて海外での評判は良くないという話も見かけたけど、確かにこういう日本的な情けない対応を見ていたらイライラするだけで、面白くはないだろう。

でも、日本人である私にとっては、いわゆる人類滅亡の危機に立ち向かうヒーローというハリウッド大作の感動ストーリーより、はるかに興味を持てたと思う。ゴジラがまき散らす放射能の恐怖とか、終盤の東京に核爆弾を落とすという作戦に対しての抵抗感など、単にストーリーだからと割り切れないあたりも、日本人ならではの感覚があると思う。

ところで、この映画を見に行くといったら、友人から「石原さとみの英語についての感想を聞かせてね」と言われてた。

石原さとみは、アメリカからの特使としてやってきた日系アメリカ人という設定で、英語と英語まじりの日本語を話す。その点がいろいろ言われてるらしい。個人的な感想としては、かなり流暢だし早口でいかにも話し慣れている感じ。確かに純粋ネイティブの発音とはちょっと違う気がするけれど、そこまで要求するのは可哀想かなと思う。むしろ、日本語をわざと不自然に発音したり、ルー大柴みたいに英語がまじっちゃったりという台本自体、彼女が純粋日本人であることを知ってる観客からすれば、違和感あるわけで。帰国子女(じゃないけど)っぽい感じも意識してたみたいだし、彼女自身はすごくがんばってたと思う。(英語といえば、竹野内豊と長谷川博己もかなり流暢だった)

ちなみに、どこかで見かけた情報によると、監督から「普通の倍速で話して」と要求されていたという。そういえば、彼女だけじゃなく、出てくる人の台詞がみんなすごい早口。wikiによると「早口で、普段は使わない専門用語の多い言葉を流暢にかつ説得力を持って喋る」という官僚イメージを再現しているらしい。そんな台詞が矢継ぎ早にたたみかけられるので、見ている方は着いて行くのが結構大変。字幕に出てくる登場人物の役職名とか会議の名前とかも漢字がずらっと並んでて、とても全部読み切れない。そのあたりは見ている人はいちいち分からなくていいという前提なんだろうけど、おかげで疲れた(笑)。

映画では、最終的に主人公はじめあきらめない人たちが果敢に立ち向かい(このシーンで隣のおじさん泣いてた(笑))、みんなの力を結集して成功するわけだけど、実際は、、、、、きっと何もできないまま破滅するしかないのかもね。ちーん。






2017.01.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: