読書録:『人はいくつになっても美しい』


御年88歳ながら現役でモデルをやっている(ギネスブックに載っているらしい)イギリス人女性の自伝。

夫の死後70歳でモデルに復帰したダフネさん。整形手術や画像修正を否定し、若さをおうのではなく、年齢を重ねた美しさというのが評価されてブレイクしたらしい。

自伝といっても、それほど詳しい生い立ちや経歴などが書かれているわけではなくて、たどってきた道をざっくり振り返りながら、「あるがままの美しさ」で勝負することの大事さを説くって感じかな。

モデルなのに写真は表紙の一枚だけ。ネットで検索したらいろいろでてきたけど(こちら)。

確かにきれい。それよりも、1928年生まれというと、まさにうちの母と同じ年!!! そんなリアル88歳と比べると、こんな風に若い人顔負けに仕事も生活もエンジョイできちゃってるのは驚愕だ。

若い頃は生活を支えるためにいろいろ苦労もしたらしいけど、それを苦労と捉えず、常にポジティブ思考。与えられたものに感謝する、好きで続けていれば思わぬところで役に立つ、など、目新しくはないことだけど、淡々と語る言葉は、押しつけがましさはないのが好印象。

印象に残った文章をあげておくと。

好きになれないところは、ちらっと見る程度でいい
老いは誰もが通る道、成長は選んだ人が通る道

本自体は、文字大きめ(シニアターゲット?)、文字も少なめ。お風呂に浸かってる間に全部読めちゃったぐらい(笑)。彼女の生き様を短い言葉にまとめて並べている感じは、自伝というよりは詩集に近いかも。

あ、そうそう。ダフネさん、好奇心は若さの秘訣と書いている。それについては、うちの母と通じるところがあるかもね。








2017.02.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: