確定申告終了

もう毎年のことなので、わざわざ書くほどのことはないけれど、一応記録。


今年は、自分、夫に加えて実家の医療費控除分もあって3件分。ただ、夫も今年から自営業者として開業届を出して青色申告をするというので、基本的には本人にやってもらった。ところどころ聞かれたり(もう10年以上やってる割に、未だにちゃんと分かってなくて余り答えられないのだけれど)、最後の仕上げをしたりと多少手伝ったけど、きっと来年は全部ひとりでやってくれるだろう。実家の分も、来年はないと思うから、自分一人の分でいいはず!

実家の分は、母が2回も入院したので(しかも2回目は1カ月半も)、さぞかしガッポリ戻ってくるかと思ったら。年金暮らしではそもそも源泉徴収されている分が少ないので、結局還付金は1万円ちょっと。

日大病院や整形外科の入院以外の、目医者だの歯医者だの内科だのにかかった分、タクシーの分などもチリつも!と全部せっせと合計してみたけど、なんせ単価が100円とかのも多くて(後期高齢者で1割負担なので)、手間が掛かった割には……と、なんとも徒労感。

還付金は父の口座に振り込まれるけど、もちろん父にはそんなことは分かるはずもなく、母にしたって、ありがたくもないだろうな。

強いて言えば、両親の年金収入の実態を把握できただけ、良しとするかな、という感じ。

ちなみに、今年の申告分からはマイナンバーの入力が義務づけられている。同時に、その番号を証明する通知書のコピーと身分証明書のコピーも提出しなくてはいけない(マイナンバーカードを作った人はそのコピーだけでOK)。

私と夫の分は素直にその通りにしたけれど、問題は父の分。「コピーとって郵送して」などというリモートコントロールができるはずもなく、私がまた実家に行かなくてはいけない。それは、かなり面倒臭い。

調べてみると、今年から義務づけられてはいるものの、なくても受理はしてくれるし、罰則が科せられるという規定もないらしい。実際、国税庁の確定申告のサイトの作成ウィザードでも、マイナンバー入力の画面は「キャンセル」を選択して次に進めるようになっている。警告は出るけれど。

なので、ままよ!と、父の分は未記入で提出しちゃった。最悪還付金もらえなければ、もうそれでもいいし、戻ってきちゃったら、またそのとき考えることにしよう。

2017.03.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: