骨折その後

そういえば、昨日病院に行ったときのこと。

待合室に看護師さんが来て問診されたとき、患部は「中指です」と答えた私。診察室に入って靴下脱いで見せようとしたら、あれれ、人差し指だった。

言い違えたわけじゃなくて、本当に中指だと思い込んでた。っていうか、今でも感覚としては中指なんだけどなぁと思いつつ、よーく見るとやっぱり親指の隣だから人差し指だ。なんか、足の感覚ってそのぐらいいい加減なものなのね。

ところで、月曜日の母の検査付き添いをどうするか問題。

最初はビッコひきながらでも歩けるからなんとかなるか?と思ったけど、変な所に力が入るのか、家の中歩いてるだけでも腰だの腿だの筋肉痛。長い距離を歩くのはやっぱり辛そう。電車で座れなかったら、揺れたときに体重かかったりしそうだし。

ダメ元で姉にLINEしてみると、会社は休めないけど、昼間抜けて付き添うことならできそうというので、お任せすることにした。

実家には知らせてなかったんだけど、週末で姉が実家に帰っていたようで、話を聞いた母から今朝電話。姉に会社休ませるぐらいなら一人で行くと言うかと思ったら、「場所は分かると思うけど、フラフラするからちょっと不安なのよ」と、ついていってもらうつもりらしい。「いざとなったら○○さんにお願いするし」(先日来てくれた親友)。いずれにしろ、「あんたは無理しなくていいから」って。

「お父さんがうるさいから電話代わるわよ」と、電話口に出てきた父にも、さんざん心配されて。「医者には行ってるのか」「家で寝てるのか」とか、なんか大騒ぎで、いや寝てるような大けがじゃないんだけど(^^;)。

あれだけ、「骨折ったら寝たきりになって命取りになるんだから、転ばないで!」って口うるさく言ってたのに、自分が骨折るって、まったくと、情けなや。。。。

でも、ずっと心配される側だった両親が、心配する側に回って、ちょっとしっかりしたように見えたのは、よかったのかな?(って私が言うことじゃない?)



2017.03.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 骨折



コメント

「心配する側に回って、ちょっとしっかりした」…すごくあると思います。やっぱり、親は子どもの心配することでしっかりするのかと。いくつになっても「育自」なのよきっと。

2017/03/12 (日) 15:21:04 | URL | おぐママ #- [ 編集 ]

おぐママさんへ

そうよね(笑)。きっと、これも何か意味のあることなんだわと思うことにしてます。

2017/03/12 (日) 15:37:35 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: