読書録:『胃ろうという選択、しない選択』


母がいずれは口からモノが食べられなくなるのではないかと怯えつつ、読んでみた。

著者はちょっと前に読んだ『抗がん剤 10の「やめどき」』という本を書いた人(そのときの読書録はこちら)。

「町医者」として多数の看取りを実践している立場で、日々多くの人から相談を受ける「胃ろう」という問題について解説した本。著者は基本的には胃ろうは反対の立場であるのだけれど、全面的に否定するわけではなく、「ハッピーな胃ろう」もあるのだということも強調している。

一般的に「胃ろう」を避けたいものと思う人が多いという現状で、頭から毛嫌いするものではなく、それをしたほうがいいケースだってあるのだという話が、前半の方で繰り返し出てくる。

「ハッピーな胃ろう」とは、脳梗塞などの急性期に一時的に栄養を補給するためとか、口からも食べられるけれども、補助的に胃ろうを使うことで状態を良くするとかの使い方。あくまで一時的なものとして、それをすることで全身状態やQCLの改善が期待される場合だ。そういうケースで頭から胃ろうを拒否するのは「もったいないこと」とも言っている。

胃ろうは一度始めるとやめられないものかと思っていたけど、そういうわけではないらしい。口から食べられるようになるならば、技術的にはやめることは全く問題がない。ただ、回復の見込めない状態で使うと、実際はそれをはずすと死に至るという状態になってしまうために、それは「殺人行為」となってしまい、現実的にむずかしいということらしい。

胃ろうのメリットもきちんと説明した上で、そういう「アンハッピーな胃ろう」の話になる。がんばればまだ口から食べられないわけではないのに、施設で受け入れてもらいやすいという理由で胃ろうを作るケースも多いという(その方が介護が楽だから)。

誤嚥(うまく飲み込めなくて、食べ物が気道に入ってむせる)のキケンから胃ろうを作るというケースも多いけれど、食べ物を口から食べなくても、唾が気道に入って誤嚥するケースはあるので口腔ケアや嚥下リハビリは欠かせない。でもそれをキチンと対応できるケースも少ないと。

そもそも胃ろうというものがどういう手順で行われるのかとか、鼻から入れるチューブなどとどう違うのかという説明も分かりやすかった。

胃ろうをつくるときは、口から内視鏡を入れるために、口や食道に病気のある人はできないとも書かれていた。ということは、うちの母の場合も、そもそも対象外なのかもしれない。

とはいえ、父や義父母、そして自分が年老いたときのために、読んでおいて良かったと思う。

最近この手の本ばかり読んでるけど、こうやって知識を蓄えておくことは、親のことだけじゃなく、自分の老いや死を考える上でも役に立つこと。そう考えると、まだ元気なうちに勉強する機会をもらってありがとうって感謝するべきなのかな。

2017.03.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: