お薬配達サービス

昨日、母に付き添って病院に行ったとき、いつものように処方箋を持って病院前の薬局に行くと、一部の薬(今回新しく処方された医療用麻薬)が在庫切れだという。


そういう場合、後日郵送(宅配?)してくれるサービスがあるらしいのだけれど、この薬の場合は麻薬なので規則上それができないという。「後日取りに来ていただくしか……」と言われても、それだったら実家の近所の薬局に頼んだ方がいい。っていうか、すぐに欲しいし。

大学病院前なので、薬局は5,6件軒を連ねている。ひとつひとつ聞いて回ると、2軒目は同じ答えだったんだけど、3軒目はなんと、「自宅までお届けします」という。「あ、いやでも遠いんです、埼玉ですよ?」(病院は池袋)と聞くと、「大丈夫です」とのこと。手数料もかからないのだという。

なんとありがたいサービス!

その薬局は、並んでる中でも小さめだったから、そのぐらいしないと太刀打ちできないのかも。お客の取り合いで競争の激しいからサービス合戦なのね。でも、そのこの日の母の支払は5400円ぐらいだったかな。1割負担だから薬局の売上げは5万円以上? となれば、そのぐらいしても赤字にはならないのかも。

そこの薬局は薬剤師さんもすごく丁寧にいろいろ説明してくれた。「メインの薬の補助で出ている(副作用対策)便秘薬や吐き気止めなどは、わざわざ池袋まで出てこなくても近所の診療所で相談すれば、処方してもらえますよ」とか。「麻薬はもし飲み忘れてあまったりしても、絶対に他の人は飲まないでください」とも念を押されたけれど。

前にも書いたかもだけれど、薬の種類が多くてよく分からない老人のために、1回分ずつをワンパッケージにする「一包化」とか、いろんなサービスがあるのね。

午後母から電話があり、新しい薬はとりあえず良く効いてるらしい! よかった、よかった。




2017.03.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: