読書録:『痛くない死に方』


最近よく読んでいる、いわゆる「平穏死」に関する本。同じ著者の本をもう何冊も読んでいるので、基本的にはもう知っていることばかりなのだけれど。

冒頭で出てくるのは、あの大橋巨泉の例。2005年に見つかった胃がんは克服して復活、2013年にも中咽頭がんのステージ4であることが見つかったが辛い治療を乗り越えた。ところが2016年4月に在宅医療を始めた途端に体力が低下し、結局再び入院してそのまま7月には死去。死因はいろいろあれど、直接的には在宅医療で受けたモルヒネの過剰投与が失敗だったのではという。

この描写からの情報しかないのでどこまで鵜呑みにしていいのか分からないけれど、このケースでは、在宅医に医療用麻薬や在宅看取りに十分な技量が不足していたことが失敗だったのではというトーンになっている。

まさにうちの母を在宅医に依頼し、医療用麻薬の投与をお願いしている身としては、ちょっと心配になる話。在宅医を選ぶに当たっては、そういうことを調べている余裕もなく、一度断られていることもあり、ケアマネの紹介してくれた医師に「診てもらえるなら誰でも」的にお願いしちゃったという経緯があるので。

この本では、この話を冒頭に持ってくることで、巨泉さんほどあらゆる情報を勉強しつくして周到に準備したであろう人でも、「自宅で平穏死したい」という要望は叶えられなかった、それほど今の日本で平穏死することはむずかしいと言いたいようだ。

その後は、平穏死と安楽死の違い、平穏死を阻む要因、平穏死がいかに本人にとって一番苦痛の少ない死に方であるかというような話が続く。(このあたりは他の本でも読んだような内容)

ひとつ考えさせられたのは、平穏死を望んで在宅医療を望んでいたものの、自宅でお餅を喉につまらせて救急車を呼んでしまったという100歳の患者のエピソード。病院に搬送され、救命措置を受けた後、延命医療を施され植物人間のようになってしまったことで、家族が後悔する……というのだけれど、いくら100歳とはいえ、お餅を食べられるほどだったおじいさんが目の前で窒息死していくのをそのまま見ていることなんて、できないよねぇ。

と考えると、平穏死を望むというのは、きれいごとだけではない覚悟が家族にも要求されるんだなと身につまされる。

平穏死を望むかどうか、本来は本人の意思が一番尊重されるべきというのは正論だけど、今うちの両親にそれを聞くことは私にはできない。もっと病状が進んでいよいよ覚悟したようなことを言い出したら、それとなく聞くことができるのかなぁ。

その上で、いずれは在宅の先生ともその辺について話し合いをしておく必要はあるんだろうなと。幸い、メールで連絡するとすぐに返事をくれるのでコミュニケーションは取りやすそうな感じ。どんな経過をたどるか分からないけど、みんなが納得できる道が進めますようにと今は祈るばかり。

2017.05.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

知人に紹介されて最近読みました。この本を読む少し前に「看取り」というのが実際にはどういうことなのかを研修で知ったところ。遺産に関する遺言以上に、リビングウィルを書いておくと、周りの人々の判断材料になるね。両親に回しておきました。

2017/05/23 (火) 05:10:08 | URL | おぐママ #- [ 編集 ]

おぐママさんへ

先日、「ガイヤの夜明け」でもやっていたけれど、看取りもしている在宅医は、「そのとき」にあわてないように、どんな経過で最期のときを迎えるか、家族にレクチャーするのも仕事のひとつみたいですね。

2017/05/23 (火) 10:32:07 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: