緑内障と薬のストック

数年前に発見された緑内障の、3カ月に1回の検査で眼科へ行ってきた。


昨日の実家ミッションの疲れで今朝から頭痛がしていたので、検査を延期してもらおうと電話したものの、かなり先じゃないと空きがないと言われて渋々行ったにもかかわらず、視野検査、なんかいつになくよく見えた気がした。

診察を受けてみると、実際今までで一番成績が良かったらしい(笑)。「でも、だから良くなったというわけではなくて」と釘を刺されたけど。眼底写真やらその他の検査では、あまりよろしくないらしく、特に今まではほとんど正常範囲だった左目の方が進行しつつあるらしい。幸い、それほど問題になるほどではないので、薬は今のままでいいとのことだけど。

気になったのは、「白内障が少し出ているけど、まだ10年は大丈夫でしょう」というセリフ。白内障といえば、緑内障よりももっと患者が多くて、老人のほとんどはなるぐらいのものらしいけど、いや、でも10年後には今度はそっちの心配ですか。。。と、老化の道まっしぐらな現実にどよんとしてしまう。だって、父や母も手術してるけど、たぶん80過ぎてからだったと思うのになぁ。10年後ってまだ私60代ですよん。

緑内障といえば、母も患っていて、眼科通いをしている。眼科は実家の近く(と言ってもタクシーで行く)とはいえ、体調の悪いときなどは、それすらも結構な負担。緑内障は薬さえ付けていれば、急に進行するものではないので、私のようにまだ先が長い「若者」と違って、母の場合、もう放って置いても寿命が尽きる方が先だと思う。さすがにそこまではハッキリ言わないけどね。

本人は「目くらになったら大変」とマジメに通うつもりが満々。インフルエンザ上がりで熱のあるときまで行こうとしたときは、さすがに予約を変更してもらうように説得した。先週も「だるいけど、視野検査の予約が入っているから」と行こうとするので、無理せずに検査を延期するように言っておいた。視野検査自体も結構疲れるし、待ち時間も結構あるみたいだし。

昨日冷蔵庫を整理したときも、眼科で処方された目薬が、何十個も!出てきた。「だって、行くたびに3本も4本もくれるんだもの」としらっとしている母。「こんなにあっても、一生かかっても使い切れないでしょ!」といったら笑ってたけど、シャレじゃないですから(^^;)。

父のかかりつけ医もそうだけど、断らないかぎり、余ってようがおかまいなしに、どんどんと薬を出す。一割負担だから自分が払う分はいくらでもないと思って、気にもしない老人たち。こんなことやってるから、どんどん健康保険が破綻しそうになっちゃうんじゃないか!と、「若者」としては腹が立つ。

医者の方も、出しておけばそれだけ収入が増えるわけだし。きっと、こういうケース、日本中に山のようにいるんだろうなぁ。なんとかならないのかしら!!!!

2017.05.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: