読書録:『英語の発想』


英文学研究者による、日本語と英語との比較に関する、いわゆる対照言語学の観点から書かれた本。英語の文をどんな風に和訳するか、逆に日本語の文をどう英訳するかという実例を挙げながら、両言語の特徴を解説していく。

学者先生の本なので、いろいろな研究者の引用があったり、内容的にはかなり理屈っぽい本ではあるのだけれど、素人が読んでも比較的読みやすく、最後まで興味深く読んだ。

ある英文を直訳した日本語と、こなれた日本語に直したものとを並べて、そこにはどんな修正点があるのかというポイントから、両言語の違いをあぶり出していく。

まず挙げられている指摘は、英語は名詞中心、日本語は動詞中心の構文が特徴的であるということ。このことを踏まえると「この事実の認識が問題の解決に貢献する」という直訳英文の名詞部分を動詞として、「これが分かれば問題はずっと解決しやすくなる」としてやると、日本語として落ち着くとか。

英文はそもそも「動作主」+「他動詞」+「目的語」という構文が基本なので、この「動作主」と「目的語」のところに置かれている名詞句を動詞構文とすることで、日本語として読みやすくなるなど、翻訳をする際に参考になりそうなポイントがいくつか出てくる。

面白いなと思ったのは、受け身と受動態についての部分。英語の受動態は必ず他動詞でなければ成立しないけれど、日本語の場合は自動詞も受け身として使われるという点。「親に死なれる」というときの動詞「死ぬ」は自動詞なので、これを直訳して「I was died by parents」とは言えない。

そのあたりに、日本語での「受け身」というのが、いわゆる文法的な受動態とは違うニュアンスを併せ持ち……というあたり、日本語の奥深さに唸ってしまう。というか、日本語ネイティブでさえ、そのヘンは感覚的には分かっても理屈では説明しにくいので、日本語を学ぶ外国人は分かりにくいだろうなと思う。

そのほか、代名詞の使い方とか、時制の一致のこととか、英語との違いをみながら、日本語の特徴が分かるのはなかなか面白かった。

この対照言語学というのは、最近注目されている領域らしく、ちょうど去年の暮れあたりに某大学で中国語と日本語の対照言語学を教えている先生の話を聞いて、面白いなぁと思ったところだった。言語というのは、それを話す人のメンタリティが現れてくるものであるから、言語を比較することで、それぞれの言葉の話者の文化や概念、感情的な違いとかが見えてくる。

万人が面白いと思う内容ではないと思うけれど、この手のマニアックな趣味がある人にはおすすめです。

2017.05.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: