久々の整骨院

3月9日に、まな板を落っことして折れてしまった足の指。一向によくならなかったのが、1カ月後に整骨院に毎日通い出して治療に励んだ結果、なんとかGWのイタリア旅行も行くことができた。


整骨院で出直し治療
スポーツジムで湯治
整骨院通い一週間

旅行はソフトタイプの固定具を付けたままだったんだけど、帰ってきた頃にはほぼ大丈夫な感じだったので、帰国して2日後に整骨院に行って相談、無事固定具とサヨウナラ。

しばらくは、びっこひきながらではあったけどどんどん回復。今は普通に歩く分にはほとんど問題なくなった。何もしてないときにズキズキすることがあるけど、これはもうずっと続くのかも。

ただ、ちょっとたくさん歩くと、足の甲が腫れてしまう。固定具をはずして1週間後ぐらいに整骨院で相談してみると、まだ指をかばってる分、甲に負担がかかっているので炎症を起こしていると言われた。

昨日も久々の取材で出かけたせいか、夜帰ってきたときは左足だけ象みたいにむくんでしまった。リンパマッサージをしたりしてむくみは和らいでも、今日になってもまだ甲は腫れているので、再び整骨院へ。今日の先生曰く(毎回違う)、足の裏のアーチ(土踏まず)がつぶれてしまっている、つまり扁平足に近い状態になっているせいで、甲に負担がかかるのだろうと。固定具をつけて歩いている間だに、足裏の筋肉が弱っちゃったらしい。

それについては、おいおいリハビリをしていくしかないみたい。リハビリ=通ってねってことぽいけど、旅行までに治す!と必死だったころの熱意はないから、通えないかな。リハビリといっても、たいしたことするわけじゃなさそうだし。

今日行ってみたのは、もうひとつ目的があった。それは外反母趾の相談。前からここでも何度か書いてるけど、外反母趾になりかかっているせいで、長く歩くと親指の横のグリグリや骨のあたりが痛くなる。それが、今この状態だと少し歩いただけでも左足は痛くなってしまう。

外反母趾の治療だけだとたぶん保険外になってしまうけど、今この骨折治療の流れで続ける限りは保険が効くらしいので、今のうちにそっちの相談もしておこうと。

ざっと聞いた話では、外反母趾とは歩くときに外側重心になっちゃうことが原因だという。放っておくと親指横の関節が曲がった状態で固まってしまうのでやっかいなことになる。うちの母なんて、90度曲がっちゃってる。外科手術もあるらしいけど、かなり大変で痛みもあって、それで完治するとも限らないみたいで、辞めた方が良さそうな感じ。と聞くと、悪くならないうちになんとかしなくちゃと思う。

今日の段階では、腫れてる状態だからと何もしてもらえなかったんだけど、状態によってはテーピングとかもしてもらえるらしい。先生曰く、足の指にはめるタイプの外反母趾グッズなどは筋肉を弱めてしまうのでオススメしないとのこと。あとは、親指と拇指球、踵で地面を蹴って歩くように心がけること。言うや易し、、なんだけど。

この整骨院では、最後にいってから1カ月たっちゃうと初診扱いになってしまうみたいなので、また様子を見て、1カ月以内に行ってテーピングの方法でも習ってこようかな。


2017.05.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 骨折



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: