緩和病棟の相談外来へ行く

母の緩和病棟探し、まずは私の自宅からドアツードアで30分ほどで行ける病院に行ってきた。


ここまでの流れは、
①HPで情報を集める
②電話で問い合わせ
③在宅の医師に書類作成と「相談外来」の予約を依頼
④予約日に医師と面談 → 今日ココ

病院は4年前に建て替えたらしく、とても明るくてきれいで近代的。(病棟の方までは見ていないけれど)

病室はすべて個室。差額ベッドなしが8つ、あり(約1万3000円/日が加算)が6つ。空き状況はそのとき次第だが、「今すぐ入院したくてもできない人」が待ったとしても1カ月ぐらいかなぁとのこと。「都会の病院ほど、争奪戦ってわけじゃありません」とな。

入院してから部屋の移動はできない。とりあえず差額ありに入り、差額なしの部屋が空いたら移動というのはダメ。

差額ありの部屋の違いは、この病院の場合、広さがちょっと広くなるのと、専用のバスルームがつくかどうか、フルフラットにもなるリクライニングの椅子がつく(付き添いの家族向け?)。差額なしでもトイレは各部屋にあり。

入院にかかる医療費は、どんな投薬、治療をしても定額で約15万円。ただし、高額療養費制度で限度額が決まっているので、実質は4万4000円ぐらい。これに食費が約3万ちょい、オムツなどがかかればさらに実費。なんやかんやで、10万ぐらいと思っておけばいいみたい。(差額なしの部屋の場合)

緩和ケアとして定額医療を提供するためには、医師や看護師を交えた複数で「審査」をすることが国から義務づけられているらしいので、そこで通って初めて入院許可となる。

NGになる例としては、本人が同意していない、癌の症状がない、拘束などが必要、入院の必要が認められない(施設とは違うので)場合。

母の場合、今現在はまさに「入院の必要性がない」ということになってしまう。将来的な予約はできないので、本当に必要になったときに、改めてまた「相談外来」+「審査」を繰りかえすことになる。ただし、最初の相談外来での情報が1カ月は有効なので、それまでなら今日提出した情報でそのまま手続きができる。「2回、3回と繰り返してる方もいます」だって。

最近、やはり実家の近くの病院の方がいいかなとも思い始めていたので、この病院にお世話なる確率はあまりないかもしれないけど、ひとつのオプションとして手を打っておいたということで。話はじっくりしてもらえたので、細かい質問もできたし。外来診療6000円かかったけど、まあ無駄じゃなかったかな。

余談ながら、この医師も「TS-1(抗がん剤)を飲み続ける意味が分からない」と発言(先週医師が書いた情報提供書にはまだ飲んでることになっていたので)。そもそも口の癌に効果があるとは思えない。他の選択肢がないからこれってことになったんだろうが、薬は毒もあるんだから、「わざわざこれを飲ませる必要は、僕はないと思うけどなぁ」という。まさに在宅の医師と同じ意見。この辺は、いわゆる大学病院の医師と、ターミナルケア専門の医師との感覚の違いなんだろう。

ちょうど、やめることに決めたところと告げると、「どっちみち効いてたとは思えないから、今これを辞めたからといって、急に症状が悪化することはないでしょう」と。うん、そう言ってもらえると、安心するわ。

と、以上覚え書き。来週は実家近くの病院へ行く予定。







2017.06.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: