AIの未来

今あるもので、私が若い頃にまったく想像できなかったのは何?と聞かれたら、間違いなくインターネットとスマホ。それと同じように、この先10年後に想像できない展開を見せる物があるなら、それって絶対AIだろう。と、1年ぐらい前から確信していた。


今年に入って、本当にいろいろなところに使われるようになって、10年なんて経たなくてももう数年先さえ分かんない感じ。

と思っているところで、昨日のNHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」を見た。

このシリーズは、昨年にも「天使か悪魔か 羽生善治人工知能を探る」という番組を放送していて、その再放送をつい先週見たばかりだった。

昨年バージョンは、GoogleのAIが囲碁のプロ棋士に勝利した衝撃という話から始まって、その最先端の現場を羽生善治が訪ねて回るというものだった。

そして、2017年版では、ついに将棋の名人もAIに負けた。そして、すでに実用化されているAIの事例などを紹介しながら、すでに人智を越えるところまで到達しそうになっているAIの未来を考えたとき、私たち人間はどう対応していけばいいのかという問題を投げかけている。

いやー。怖い。素直に怖い。

番組には出てこなかったけど、AIの世界ではシンギュラリティといって、2045年にはAIが人間の知能を越えると予測され、その問題を真剣に議論している人たちもいると聞く。

すべてを合理的にジャッジしていったら、問題のあるとみなされた人間は抹消されてしまうかもしれない。コンピューターなんて所詮機械なんだから、いざとなれば電源をオフすればいい、なんて思うけれど、賢くなったAIはそんな「身の危険」を回避する術も身に付けちゃうかもしれない。

なんて、ハリウッド映画みたいなことが、本当に起きるのかも???

もちろんAIの利用で便利になることもたくさんあるはず。今困っているいろいろな問題、それこそ介護とかに画期的な革新をもたらしてくれたらうれしいけど、おそらく研究の予算はもっと「お金になること」に向けられるんだろう。

インターネットなども最初は軍事目的で使われた事を思えば、他国に負けじと予算をつぎ込んでいるだろうから、今にAI同士の戦争とか始まる????

番組のつくり的に、「天使」の到来を歓迎するよりは、「悪魔」の時代を恐れさせるような内容。

キケンと分かったところで、もはや止まることはできないパンドラの箱のようなもの。いつ、どんな形でか分からないけど、いずれ人類が滅亡する日がくるなら、それはAIが原因になるに違いない。AIが直接人類を攻撃しなくても、「考えること」をすべてAIに任せてしまった人間は退化してしまうかもしれないし。

そして、それって、もしかしたらそんな遠くないことなのかも~と思ったら、やっぱりやりたいことはできるうちにしておこうとう結論(爆)。

昨日のNHKスペシャルは、6月28日(水)午前0時10分(27日深夜)に再放送があるそうです。

2017.06.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 時事ネタから



コメント

再放送見たよー

すんごく怖かった!!!
空恐ろしいというか、不気味。
そのうち理路整然と理由付けするAIも出てきて
人間の行動はすべてお見通し、ぐうの音も出ない時がくる?

でもすでに四六時中スマホに依存してる若者を見てると
すでに支配されてるような気もした。

2017/06/29 (木) 07:43:32 | URL | ミホコ #- [ 編集 ]

ミホコさんへ

でしょ? 一日十PCに貼り付いて、なんでもネットで調べてる私も、他人事じゃないかも~。Google検索に何か意図的に仕込まれたら、知らないうちに、あらぬ方向に誘導されたりして??? こわーい!!

2017/06/29 (木) 10:53:24 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: