母の入院準備

無理矢理決断したカナダ旅行をなんとか無事に終えて、ほっとしたのもつかの間。


母が「入院したい」と言ってきた。最初はまるで在宅の先生から勧められたかのような言い方だったのだけれど、良く確認してみると、自分から「入院した方が楽になりますよね?」と話題を持ち出して、先生に「そうだと思います」と言わせたらしい。

「痛い」とか「ご飯を全然食べられない」というのは前から言っていることで、電話でさも重大な感じでも、直接会ってみると、大丈夫じゃん!ってことが多かったので、実際のところはよく分からないけど、いずれにしろ本人的に「もう限界」と感じているのは事実だ。どうやら、母自身は「自宅で過ごす」ことには何のこだわりもないようす。あくまで自宅にこだわるのは、父のことを考えての私たちのエゴというもの。そばで生活の面倒も見て上げられない状態では、これ以上ガンバレというのも酷な話だよね。そもそも父しかそばにいない状態で、誰が母の最期を看取るのか、というのも実はむずかしい問題だと感じてた今日この頃なので、やはり最期は入院するのがいいのかなと、私も思い始めていたところだった。

ここのところ診察のたびに痛み止めの量を増やしてもらっているのだが、あまり効き目はないとのこと。先生も「本来ならもっときめ細かく増やしてあげたいけれど、急に何倍にも増やすことはできないので」と言う。そもそも「痛みが強くなれば、2週間に1回の処方では間に合わなくなる」というのは、先生が緩和病院探しを勧めてきたときにも言っていたことだった。まさにその時期になっているということね。

火曜日にその電話をしてきて、そのときは父のこともあるので「急ぐ話ではないけれど」と言っていたので、1,2週間かけて準備を進めて・・・というつもりでいた。病院に問い合わせても、今現在だと差額ベッド(一日1万円)がかかる部屋しか空いていないというし。父のためのヘルパーさんを依頼し、ペースに慣らしつつ、空きを待つのがいいかなと。

ところが今日木曜日になったら、「高い部屋でもいいから、早く入りたい。もうお金には換えられない」という。痛い、痛いと言いつつ、また2週間先生を待つだけという状態が耐えがたいらしい。在宅の先生に対して「頼りない」「親身になってもらえない」という不信感もあるようだ。

本人曰く、顔の腫れもひどくなってきたらしい。「あの先生はそいういうのは一切治療してくれないんでしょ?」と言う。いやいやそれは、入院したって同じであって、どんな病院に入院してもどうにもならないのだと告げるとちょっとショックだったようだけど、仕方が無い。

いずれにしろ、もう少し痛みをなんとかしてもらいたい、食べられない分点滴でもなんでもしてほしい、というのが本人の希望なのだ。

そうとなれば一日も早く入院させてあげなくては。

再度病院に電話をしその旨告げると、「最悪明日でもいいですか?」と言われたけれど、日曜日に両親と姉と私とケアマネさんも交えて今後のことを相談する予定なので、最短月曜日でいいですとお願いする。「確認して折り返します」と言われたきり、今日はタイミングが合わなくて返事をもらえなかったのだけれど、たぶんなんとかなるだろう。

そこまで辛そうな母にこれ以上食事の支度をさせるのも不憫なので、とりあえず明日金曜の夕飯分はお弁当を届けるように手配した。土曜日も手配して、日曜日は私が行くので作ってあげれば、もう母はお台所に立たなくてすむ。だからあと3日がんばって!と言ったら、ほっとしたようだった。

病院を探すと言い出したときは本人は不満げだったけど、結局あの時点でアクションとっておいたのは大正解だった。と、母も分かってくれたかな。

あとは、父の世話をどうするか。ケアマネさんの知恵も借りつつ、うまい方法に落ち着くといいのだけれど。

ってなわけで、いよいよ最終ターンに入りまーす。

2017.07.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: