入院2日目

今朝8時半頃ヘルパーさんからTEL。何ごと?と思ったら、本来今日の午前中は10:45からの予定だったけど、特別に9時からにしてもらえないかという打診。「句会に行く約束があったのを断ろうと思ったんだけど、やっぱり行きたいから」という理由(笑)。そもそもこの日に出動することは1週間前には決まってなかったのを無理に入れてもらったという経緯もある。昨日私と結構いろいろおしゃべりしたので、「この娘さんなら話せば分かってくれそう」と思ったんだろう。


別にまったく問題ないですよ~と返答し、父にTEL。そもそも父は来る時間を把握していないので(というか、今日もまた来ることすら分かってない)、「今日は9時からだから、もうすぐ来るからね」とだけ伝える。

ついでに「今朝は何を食べたの?」と聞いてみる。毎日朝だけは自力で何か食べてもらうことになっているのだ。「おにぎりを食べた」という。「わざわざ買いに行ったの?」(コンビニで買うことはできるらしいので)と聞くと、「いや、冷蔵庫に入ってた」という。「冷たくなってたのを溶かして食べた」と。レンジは使えないので、どうやらしばらくその辺に置いておいたら溶けて食べられるようになったのかな。この暑さだからね。

ただし、冷凍庫におにぎりなんて入ってなかったはず。おそらく父が「おにぎり」と言っているのは、ただの白飯。炊いたご飯を1パイ分ぐらいずつラップに包んで冷凍してあったので、それを食べたのだと思う。味なんて何もないし、海苔を巻くこともできないだろう。しかも、中はまだ冷たかったかもしれない。でも、なんとか空腹をしのげたなら、ヨシとするか。

でも、だったら、夜のうちにおにぎりを作って冷凍庫に入れておいてもらえばいいということを思いついた。さっそくヘルパーさんにTELして提案してみると、「それはいいアイディアですね。さっそく今晩からやっておきます」とのこと。さて、明日の朝は、無事ちゃんとしたおにぎりが食べられるかな?

父には、今週の木曜日に病院につれていってあげると約束してある。そのことで頭がいっぱいになって「確認魔」になるのは想定していたけど、さっそく朝から発動。15分ぐらいの間に3回も電話があり、そのたびに、「病院に行くといっていたのはいつだった?」「誰が行くんだ?」「どこで待ち合わせるのか?」と同じことを聞く。つい数分前に電話したことをまったく覚えていない風なので、こちらも壊れたラジオのように同じことを淡々と繰り返す。

昼間は落ち着いていたけれど、19時前後に2回(話し中で出られなかった)かかってきて、さらに21時前にも。今度は一回で納得したようでその後はかかってこなかった。「明日の予定を確認したいんだが」と言いながら、「番号は090ー********でいいんだな?」って意味不明(苦笑)。「木曜日病院へ行く」と書いたメモと、私の携帯番号を書いたメモの区別がつかなくて、予定のメモを読み上げているつもりで、電話番号を読み上げているのだと推測。父本人が納得すればそれでいいので、「そうだよ」と言って電話を切った。横でやりとりを聞いていた夫が、「ずいぶん忍耐強くなったねぇ」と感心してたよ。

おそらく明日もまた何回か同じようにかけてくるんだろう。そして私は朝と夕方と、ヘルパーさんが来る前に「何時に来るからね」と確認のTELを入れる。面倒だけど、母と違って長々と愚痴を聞かされるわけでもなく、すぐ切れる電話だからね。

母の方も、夕方電話があった。病院は快適だという。昨日よりは会話もできて、少し元気になった風だ。今日はさっそく看護師さんがシャンプーをしてくれたそうだ。「すごく気持ち良かったわぁ」と喜んでた。やっぱり入院してよかったね。ただ、静かなところでずっと寝ているだけなので、朝なのか昼なのか夜なのか、さっぱり分からないという。おそらく、頭のボケはすすんじゃうんだろうな。

そんなわけで、とりあえず平和に終わった入院2日目。明日も何ごともありませんように。

2017.07.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: