「いい加減」のむずかしさ

5月が誕生日だった次女。プレゼントにバルミューダのトースターをリクエストされていた。ちょっと高いから渋っていたんだけど、結局お祝いの外食も彼女自身の体調不良(扁桃炎とか)で中止になったままに終わっちゃったので、奮発して買ってあげることにした。


先週新居に引っ越したので、早く送らなくちゃ……と思いつつ、実家のこともありバタバタ。先週の土曜日、実家に行く前の日にあわてて楽天から注文しておいた。週明けて発送メールが来たので、次女宛に送り状ナンバーなどを知らせておこうと思って確認してみると。

な、なんと、送り先を厚木(自分の住所)にしたままだった! OMG!

夫には「他人の住所じゃなかっただけまだよかったじゃん」と慰められたけど、なんてポカ。今日次女の新居あてに自分から発送する羽目になった。せっかくの送料無料ががががが(涙)。

お金のことは大した金額じゃないしいいんだけど、自分の注意力不足に泣きたくなる。とにかく注文しておかなくちゃ!で頭がいっぱいで、送り先のことなんて1mmも思い浮かばなかった。

という「事件」も、いつもなら笑い話ですむんだけど。問題葉、なんか自分自身の落ち込みようがひどくて、愕然としてる。

先日も、昼間実家で父の部屋の引き出しで見つけて預かったはずの認知症の薬が、夜になったらどこを探しても見つからない。母の入院準備のためにいろいろなものを引っ張り出して、あれがない、これがないと大騒ぎしてるうちに、無意識にどこかにしまっちゃったのか。そろそろ医者に行く頃だったし(本来ならもうなくなってる頃だけど父が飲んでなかったので余ってた)、またもらいに行けばいいだけの話。そもそも、ここ1カ月飲んでなくても変化がないようなので、そもそも飲まなくてもよいのかもしれない。

でも、なんか、「ちゃんとやってるつもりなのに出来てない」ことが、自分自身にすごくダメージなのだ。

どっちも大したことじゃないって頭では分かってるのに、心が着いていかない。

そして、ここ数日、病院の関係者、在宅クリニックの先生、実家マンションのご近所さん、いろいろな人と話をする中で、相手が言った何気ない一言がすごく堪えてしまう。どれも、客観的な事実の確認をしていたり、普通に悪気なく言ってることだと「頭では」分かってるのに、心がチクっとする。

あそこまで弱ってしまった母を、その状態まで自活させていたということ。つい最近まで母自身も元気でヘルパーさんなどの手助けを借りることを拒んでいたとか、どうせ同居するなら私より姉がするのが当然なんだから責められるべきは私じゃない、私はできる範囲で一生懸命やったというのも「頭では」分かっている。

でも、気持ちの中に、本気で心配ならもっとできたはずというのも0ではないわけで、弱った両親を目の当たりにすると、無意識に自分を責めてしまうらしい。だから、他人の何気ない一言も、「なんで、もっと面倒をみてあげないんですか?」と非難されているように聞こえてしまう。

そうじゃない、そうじゃない。私はがんばってる!と思ってるし、まわりもみんなそう言ってくれる。思い切ってカナダに行ったのも、誰にも文句を言わせないぐらい私はがんばってるんだ!!って思えたからなのに。

次女の件も、式こそまだ挙げてないものの、結婚という人生の一大事なのに、私の頭は実家のことでいっぱいで、ちゃんと正面から向き合えてない感じがするのも申し訳なく思う。今回の誤発送の件も、その現れだ。もうオトナだし、次女自身も分かってくれているとは思うけど。

でも、悲しいかな、自分の心って思うようにならない。

カナダに行って鋭気を養ってきたはずなのに、それすらも、「だからその分がんばらなくちゃ!」って気負いになってるのかもしれない(でも行ったのは後悔してないよ)。姉に対して日々重なるばかりの怒りや絶望感も、「だったら私がひとりで全部完璧にやってみせる!」という、無駄なアドレナリンを出してる気もする。両親の財産を全部私が管理すると宣言したけれど、姉に疑心を抱いているようなことを言われ、「1円たりとも不明のないよう全部記録してみせるから!」と豪語したのも、プレッシャーなのかも。

なのに完璧にできなくてミスがポロポロでてくると、悔しいし、許せないし、この先のことも不安になる。そんなことで落ち込んでること自体もバカみたいと思うんだけど。

なんか、とにかく、この「心が暴走」する感じ。自分でも「ヤバイ」感じがして焦ってる。このままじゃだめ!と思ったらから、ひどくならないうちに、気持ちの整理も兼ねてここに書いてみた。

元々、日頃からなんでも「きちんとやろう」と完璧を求めすぎるのが自分の弱点だというのは自覚している。そんなの絶対無理なんだから、ケアマネさんが言ったように「いい加減」でやることが一番大事なのにね。

でも、「いい加減」ってむずかしい。。。。。。

まあ、これも一種の修行か。これを乗り越えれば、がんばりすぎずに「いい加減で」ベストパフォーマンスを発揮する能力も少しは身につくのかも。

未だに「なんで私がガンに」と恨みごとを言う母に対して、「グズグズ文句を良いながら過ごしても一日、楽しく過ごしても一日。もったいないから、良いことだけ考えて過ごそうよ」なんて言っておきながら、その言葉、まさに自分でこそかみしめるべきね。

とりあえず今は、母も病室で快適に過ごしているし、父もなんとかひとりでがんばっている(今日もすでに17回電話があったけど)。何かあっても助けてくれるプロがたくさんいる。理解のある家族もいる。大丈夫、大丈夫、大丈夫!


2017.07.26 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 介護



コメント

お気持ち痛いほどお察しします。
ついコメントが長くなっちゃって(笑)。なるべく簡潔に書きたいんだけど…
びっけさんは今、とても辛い状況にいるのにベストを尽くしてる。
まず、この状況を辛いと感じるのは当然だと自分に認めてあげてね。『辛いのに良く頑張ってるね、私』って。
わかる人にはわかります。
だからわからない人の言葉は聞かないでいいの。悪気があろうとなかろうと。聞こえちゃうけど聞かないの。
失くし物もうっかり勘違いも、その状況では当たり前です。自分を責めることなかれ。
頑張らない。
なんとかなる。
今からそんな頑張ったら倒れちゃうよ。
こんな時だからこそ体力温存してなるべく休んでね。
結局全然うまく言えないんだけど、とにかく味方はいるよ!と伝えたくてコメントしました。

2017/07/26 (水) 21:35:13 | URL | YUcana #jcOaHd1Q [ 編集 ]

YUcana さんへ

ありがとう。ありがとう。ありがとう。
いつもいろいろ聞いてもらって(読んでもらって)、本当に心強いです。大変なのは私だけじゃない、同じような年代の人はみんないろいろあるんだっていうのも勇気付けられてます。気持ちはとっても伝わりました。改めてありがとう。

2017/07/26 (水) 22:00:19 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

勇気頂いています

見ず知らずの他人ながらも、びっけさんのブログで勇気づけられています。

一人っ子の私が、近い将来出会うであろう出来事、自分はこんなふうに頑張れるだろうか・・・と不安も抱いていましたが、こうやって、ちょっと弱音を吐いてくださる姿も、「大丈夫よ、何とかなるよ」って言ってもらえてるような気がしています。

上手く言えないですが、自分と重ね合わせながら、遠くからですが心寄せています。

2017/07/27 (木) 10:33:48 | URL | たか♪ #- [ 編集 ]

たか♪さんへ

ありがとうございます。こんな「かまってちゃん」みたいな話を書いてみっともない、、なんて、また落ち込みそうでしたけど、そう言ってもらえると救われます。

ただの愚痴に終わらないよう、少しでも誰かの参考になるように、これからもいろいろ書いておこうと思うので、おつきあいいただけるとうれしいです。

2017/07/27 (木) 11:21:03 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: