父を連れて母をお見舞い

昨日はネガティブな内容に、いろいろ心配してコメントをくれたみなさん、ありがとう。今のところ、ちょっと元気になりました♪


今日は、午後から実家へ行き、父を連れて母の病院へ。入院のときはタクシーだったけど、今日は夫が車を出してくれたのでラクチン。

入室前に、顔見知りの看護師さんに会ったので「様子どうですか?」と聞いてみると、「うーん、昨日今日元気ないですね」という。入院した翌日(火曜日)は比較的元気で、看護師さんに付き添われて院内を歩きまわったりしたらしいのだけれど、昨日今日はひたすら寝ているという。

病室に入り、うつらうつらしていた母に声をかけると、「あら、こんな早くからどうしたの?」と。「いやいや、もう午後2時半だよ」というと、「もう朝も昼も夜も分かんないのよ」と言う。ずっと病室にいて寝たり起きたりしてたら、そうかもね。

昨日だかおとといだかは、寝ている間にオネショをしてしまったといって落ち込んでいた。ウチに居る間はそんなことなかったんだけど、一気に気が緩んじゃったのかな。

ぼーっとしていたけれど、話をしているうちに少し頭がハッキリしてきたようで、段々に父のことをボケ扱いしてアレコレいじったあげく、「しっかりしなさいよぉ」なんて言うほどに。いつもならケンカになるところを、「俺の悪口を言うほど元気になったってことだな」とうれしそうな父。先日「ケンカする相手もいなくなっちゃうと寂しいね」と言ったら、「そうだな」って言ってた父なのだ。これがこの夫婦なりの「あうんの呼吸」ってやつなのね。

「何か持ってきてほしいものとか、してほしいことはないか」と優しく尋ねる父に、「ダイヤモンド」と答えた母!ジョークの通じない父は「宝石のダイヤモンドか?」「そんなものどこにつけていくんだ?」と真顔で応じる。「病院のベッドで抱きしめて寝たいんだって」とチャチャを入れて、みんなで笑う平和なひととき。

父も疲れてしまうし、ヘルパーさんが来る時間もあるので、病室には40分ぐらいいて帰ってきた。「またすぐ来るからな」という父に「もう来なくていいわよ」と言う母。これも見慣れた風景。

父の方は、午前、午後2回ヘルパーさんが来る生活にも、特に拒否感なく過ごしている様子。ヘルパーさんのことも「とてもマジメにやってくれる」と褒めていた。上から目線だ(笑)。夕方ヘルパーさんともまた少し話したけど、「仲良くやってますから大丈夫ですよ~」と。「お支払いの方はどうすればいいのか?」と数分おきに何回も繰り返し聞かれたと笑っていたけど、「そういうことを心配してくださるっていうのは、誠実な方なんだなって感心しましたよ」と言ってくれた。ベテランさんなので、ボケじいさんの扱いにも慣れてるんだろう。

毎回書いていってくれるレポートでも「優しい笑顔で迎えてくださいました」「テレビを見てゆっくりお過ごしでした」「きれいに完食して下さいました」「ご苦労さまと言ってくださいました」と、いいことばかりが書かれていた。

回を重ねるごとに父の扱い方にも、家の様子にも慣れてきてくれてるみたいで、栄養のバランスも考えていろいろ工夫してくれて、本当にありがたい。この方に任せておけば、とりあえず父は安心だ。

ちなみに、ヘルパーさんの料金は、1回1時間を1日2回、月~土の週6回。これで自己負担はたったの1カ月1万3288円。申し訳ないぐらいです。介護保険ってすばらしい。(私が毎日通ったら、交通費だけで5万近くなる!)

ところで、昨日一昨日と鬼のように「予定確認」の電話をしてきたのに、今日は午前中1回もかかってこなかった。おかしいなぁと思ったら、私の電話番号のメモをなくしちゃったらしい(^^;)。電話にセロテープで貼っておいたのに、はがして持ち歩くから~(涙)。このままにしておけば、電話攻撃に悩まされなくてすむかも……なんて思いもチラっとよぎったけど、電話出来ない分、何か信じられない行動に出たら大変!

新しいメモを電話に貼って、それとは別に持ち運び用のメモも渡しておいた。今度はなくさないでね~。



2017.07.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: