次女の義父母と初対面

今日は久々に、介護じゃないネタ! (介護の方もネタは満載だけど、めでたい話しなので今日は自粛)


先日結婚した次女。7月7日に入籍をすませ、すでに新居で新生活も始めているものの、結婚式をやっていないこともあって、まだ先方のご家族とはお会いしたことがなかった。

こちらは、お付き合いが始まった頃から「結婚するかも~」という話は聞いていて、随時なんとなく経過は聞いていたけれど、先方は男の子ということもあって、その話をしたのは入籍の1カ月前を切ってたんじゃないだろうか。わが家に来た(相手と初対面)のが6月11日で、その直前に慌てて話したと言っていたので。彼女がいることも知らなかったみたいなので、まさに「ボク、来月結婚するから」と言われて寝耳に水というところ。

次女自身はもちろんその後すぐにご挨拶にいって、その後晴れて入籍となった。先方からは「なるべく早い時期にご両親にもご挨拶を」と言われ、ご丁寧にお電話もいただいていたのだけれど、若夫婦が引っ越しの準備やらなにやらで忙しかったこともあり、(私がカナダに行ったりもあったし)で、ようやく今日実現したというわけ。(母の容態次第でキャンセルにならないことを願っていたけど、無事終わってよかった!)

前置きが長くなったけど、先方のご両親は、気さくで感じの良いご夫婦だった。年齢はお父さんが私より1つ下で、お母さんはたぶんもう少し下。つまり夫婦共にうちが年上。うちは次女で、先方は長男だからね。まあまあ同年代ということもあって、普通にPTAでいっしょになるお父さん、お母さんみたいな感じで話が出来たと思う。

最初はみんな遠慮がちでシーンとしていて、ちょっと緊張感が走っていたので、おしゃべりビッケさん、がんばっって話をふる、ふる。「まあ、よくしゃべるお母さん」と思われたかな。でも、ああいう沈黙の時間って苦手なのよー。なるべく自分たちの話ばかりしないように、彼氏の小さい頃の話とかを聞き出すように気遣ったつもりだけれど、先方はどう感じたかしらん。

途中からは、彼氏も(ビールがまわってきたせいか)けっこう話をしてくれたし、お母さんも積極的に話してくれたので、まあ和やかに会話ができたって感じかな。

場所は、次女が職場のグルメな先輩にお勧めされたというGINZA水野という日本料理屋さん。出てきたお料理はどれも手が掛かっている感じで、見た目もきれい、お味もおいしくて、さすが食いしん坊の次女のチョイス。ちゃんと個室も用意してくれたし。(さすがにお料理の写真を撮るのは遠慮しましたさ)

気になる(笑)お会計は、若夫婦のご招待という形。事前に先輩お母さんに聞いたときに「親同士が、その場でどっちが出すって揉めるのもめんどくさいし、それが一番スマート」と聞いていたから、後で払うにしても、とりあえずそういう形にしてと頼んでおいたら、「今回はこちらで持ちます」と言ってくれたので、ありがたくごちそうになりました。

結婚式がないと、未だにピンと来てなかったところもあるんだけど、今まで知らなかった人とこうやって親戚になるんだなぁというのも、なんか不思議な感じ。今のところは、娘のことも気に入ってもらっているようなので一安心。先日、母が入院する前の日にかけこみで2人でうちの両親に挨拶にいってくれたのだけれど、父も母も「感じのいい青年だ」「ステキな人ね」と褒めていたということも伝えておいた。

これから長い時間の中にはいろいろあるだろうけど、気長に、一歩一歩絆を深めていってもらえればと思う。あらためて、おめでとう♪ お幸せにね!






2017.08.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: