読書録:『一人でもだいじょうぶ』


いつもは、ネットや新聞、他の本の中で紹介されているものをピンポイントで予約かけて読むことが多いんだけど、珍しく図書館で本棚(正確には返本棚)にある実物と出会って読んでみた本。

サブタイトルは「親の介護から看取りまで」で、一人っ子の著者がたったひとりで両親の介護、看取りをした経験を振り返った本。

一人っ子じゃないけど、孤軍奮闘な気分の中で、まさに「私のため??」と運命の出会いのような(笑)。

著者の介護生活は、それまで病身の父を看護していた母が突然倒れたことで始まった。母の入院で自宅に残った父の世話という問題が勃発というのは、わが家と同じ。その後、何度か入院と退院を繰り返すなか、迷いながらも別居のままの「通い介護」の生活が続く。やがて両親を別々のホームに入所させ、最後は病院での看取り。

この本に書かれているのは、主に事実関係が中心。こういうことが起きて、こういうことに困って、こうやって、ああやって何とかしのいだとか。ポイントポイントで、関連アドバイスも付け加えられている。折々に著者が感じた心の動きにも触れられているものの、実用的な内容が基本なので、参考になることも多い。

ただし、この本の出版自体が2009年で、この本を書くまでの間に著者は16年も介護を続けてきたので、介護保険の事情など現在とはかなり違うことも多いのだけれど。

介護って、その人によって事情が本当にさまざま。親の状態、親子関係、兄弟姉妹の有無やその関係性、地理的な条件などなど。状況は刻々と変わるし。何がベストな選択かというのは正解がないのだけれど、実話を追体験し、実例のデータベースを頭に入れておくことは、役に立つと思う。

個人的な感想としては、著者のように「突然」始まったわけではなく、母のガンが見つかってからここまで1年ちょっと、少しずつ心の準備をしてこられた私はラッキーな方だと思う。そして、さすがに私の場合は16年も続くことは、多分ないだろうし。(あと15年生きたとしたら、父は100歳を越えるけど、ないとは言えない?)

実用的な面では、特に施設を探したり、実際に入れてみたりしての部分が参考になった。特に、施設入居をためらう人に向けた「施設は介護のセカンドハウス、それも専属の介護スタッフのいる別荘と思って」という言葉は、いずれ父の入居を考えている私には心強い言葉だった。

著者が介護生活を始めた頃と比べて、今は介護保険も整備されているし、施設もどんどん増えているようだ。事例も積み重なってきていて、ケアマネさんたちのノウハウも貯まってきているはず。「一人でもだいじょうぶ」度はもっと高まってるはず。全国の一人っ子、およびそれに近いみなさん、楽観的にガンバローね!



2017.08.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: