母の携帯電話を違約金なしで解約する方法について、auサポートチャットで聞いてみた

昨日の続き。


私の名義で契約し、母に使ってもらっているau携帯。母が亡くなったら解約予定だけれども、更新月まではまだ1年半以上あるので、違約金を払うのも仕方ないか、、という話だ。

昨日は書かなかったけど、「死亡を理由に解約する場合は、違約金がかからない」というルールがあるのは知っていた(こちらを参照)。ガンになった時点で調べたんだったかも。ただ、母の携帯は名義が私なので、この救済措置にはあてはまらないとあきらめていた。

ところが、昨日親切にもコメントを入れて下さった方の情報によると、「利用者」として母の名前を登録しておけば、その利用者の死亡による解約は同じく違約金の対象にならないという。

そうか、その手があったか!!!

auの契約には、契約者の他に利用者という登録があることは、以前子どもの名前で学割を使うときに知って、それを最大限家族みんなに適用するために、家族中の名義と利用者がごっちゃごちゃになって、、、みたいな話をここにも書いたことがある。

さっそく確認してみようと、サポートのページで電話番号を探していたら、こんな画面が。

chat.png 

電話をかけて、メニュー番号選んで、オペレーターが出るまで延々と待たされて……なんてやってるより、こっちの方が早いかも?と初トライ。

「こんにちは! 何か情報をお探しですか? わたくし、**(個人名)がお手伝いします!」
「ご不明やお困りのことはありますか?」

ここまではたたみかけるように。(自動もしくは、コピペかな)

まずは、利用登録者が死亡した場合、違約金はなしとう情報について、真偽を確認。

「確認いたします。少々お待ちいただけますでしょうか?」の後、4分後に「お待たせいたしました。確認したところ、仰る通り契約解除料は発生しないのですが、解約のタイミングについて確認いたします」

さらに1分後。「確認したところ、どのタイミングでも大丈夫です」

よしよし。

次なる質問は、「利用者登録」について。auショップへ私(契約者)が行くことと必要書類はWebで分かったけれど、問題は母が使っている携帯本体(端末)がなくても大丈夫かどうか。

必要なものは?という質問への回答は「本人確認書類、対象者の氏名、生年月日が確認できる書類(健康保険証・住民票)、auケータイ本体(本体+au ICカード)、認印となります」とな。

ケータイ本体は必須ですか?と食らいつくと、「必須ではないのですが、出来るだけ持参して頂くようになります」という含みのある答え。

母が入院中でケータイは持ち込めない事情を説明すると、「そうなんですね。必須ではありませんので、持参しなくても手続きは可能でございます」との言葉をゲット。

auショップの窓口でごねられると困るので、やりとりの画面はしっかりキャプチャして保存。(数分後にはチャット画面が読み込めなくなってたので、保存するなら終了直後を推奨)。そううい意味では、電話で聞くより良かった!

チャットのサポート、電話やメールより手っ取り早くて、なかなかいいかも! オススメ。

母の保険証は私の手元にあるので、自分の免許証とハンコを持って行けばいいだけだ。連休明けにでもさっそく手続きにいってこよう!。

ということで、コメントくださった、かえさん、ありがとう!!!!!!!!!!!!!!


2017.08.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: