父の説得をあきらめる

午前中、父をデイサービス見学に連れ出した。ケアマネさんが、男性は目的があると行きやすいからと連れて行ってくれたのは、リハビリ系の施設。元々整体屋さんだったところで、カーブスみたいなマシンが数台あり、iPadで脳トレをしたり、マッサージも受けられる。送迎付きで3時間いて、要介護1だと1回500円以下。デイサービスにありがちな老人の溜まり場みたいな雰囲気ではなく、利用者も比較的若く、男性も多い。母が元気だったら、喜んで通いそう。
でも父は全面拒否。愛想よく説明を聞いていたものの、忙しくてそんな時間はない、自分の体のことは自分でなんとかするから、他人の手を借りる気はないと。なんでこんなところに連れてきたんだ的な、若干イラついた感じになってきたので、早々に諦めて帰ってきた。
一日中一人でぼーっとしてるよりはと思ったけど、父が行くわけないのはわかっていたのだ。そもそも運動嫌いなのもあるけれど、あの様子だと、どんなタイプの施設でも関係なく、自宅以外で人と過ごす気はなさそうだ。
午後はお見舞いに。雨が降ってなかったので車イスで連れ出して外の空気を吸ってもらう。風が気持ちいいと言っていたけど、すぐに疲れた風なので病室に帰る。部屋に戻っても息苦しそう。心配なのでたまたまいた先生に様子を見てもらうが、大丈夫とのこと。やっぱり弱ってきてるのかなぁという感じ。

帰宅後、私は明日帰ると伝えると、どこに?なんで?と父。説明すると「そうか。1人ぽっちになるってことか」としょんぼりしている。私もここに来てから我慢がたまっていたので、かわいそうというよりは、カンベンしてくれというの本音。泊まり込み作戦は私が疲れただけで、逆効果だったのかも。


ついでなので、ここのところ温めていた、私の家の近くに引っ越して来てもらうというプランを提案してみた。(施設に入るというのをうまくごまかして伝えようという作戦)
何も今からそんな話をしなくてもよかったんだけど、私もここで5日間過ごしてみて、最低限の食事はサポートしてもらえても、やはりたまに来るだけでは目の届かない事もたくさんあると実感。私も今はラストスパートだと思って頑張ってるけど、母亡き後はもう解放されたい。そんな切羽詰まった気持ちがあった。
んが。見事に撃沈。父はテコでもここを動く気はないようだ。父の言い分としては、自分が汗水垂らして買ったマンションがあるのに、お金を払って違う家に住むなんて、そんなバカな話はないと。その気持ちは分からなくはないけれど、遠くて私はもう限界だから、助けると思って近くに住んでといっても、わかってもらえない。
どんどん不機嫌になり、そんなに言うなら、1人でがんばるからいいと言われても、一人じゃ何もできないと言うことが認められない父。面倒みるのがいやだって言うなら、もう別れたっていいんだ、俺はここで一人でのたれ死んだっていいんだなんて捨てゼリフまで吐かれて、もうゲンナリ。そんなこと言われて私は悲しいよと言っても、悲しいのはこっちだと、平行線。
前にも書いたけど、人に迷惑をかけたくないといいながら、実は自分のことしか考えてなくて、人の意見を聞かないところは、昔から変わらない。こんなに一生懸命やってきたのに、あたかも親不幸娘みたいな言われ方して、ガックリだ。
そんな大口たたくなら、1人でやってみなさいよ!と突き放せない辛さ。そんなこと言ったの忘れちゃうんだから。腹がたっても、相手は認知症っていうだけで、言いたいことも言えないなんて、理不尽だなぁ。(言ってもよけいややこしくなるだけだから)。
あの分じゃ、およそ自分の意見は曲げそうにない。ということは、この地獄はまだ当分つづくのかと、絶望的な気分。
父の方も、細かいやり取りは忘れても、不愉快な事を言われた記憶はきっと残るんだと思う。情緒不安定になって、この後また不審な行動にでたらどうしよう。。。
なんて娘の心、親知らず。悲しいね。
と険悪になっていたところに、ピンポーンと救世主が登場。次女が心配して会社がえりに陣中見舞いにきてくれたのだ。会社の近くにあるという魚久の詰め合わせを持って♪
実はそれがわかっていたので、今なら嫌な話をしても、孫の顔見たらとりあえず忘れちゃうたろうと計算したのだった。予想通り、次女の顔を見るなりニコニコ。タイムリーなことに、明後日から次女が父の故郷である石川に旅行するので、その話でさらにご機嫌になった。次女、ありがとー(涙)。

2017.08.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 介護



コメント

お察しします。大変ですね。
でもまあ、状況は「その時」どきで変わっていくので、
前もって説得できなくてもいつかその日が来た時に納得するかもしれないし
状況はきっと刻々と変わるからあまり悲観せず…
きっとなるように、よくなる、って思って元気でいてください。
びっけさんのお察しのように
お父様も状況の急な変化に混乱してるだけで
またストンと何かが腑に落ちる時もくるかもです。
リハビリとか他の人達との交流などはたぶん無理でしょう。うちの父も絶対無理でした。でもそんな高齢者(男性)はとても多いと思うから、きっとまた何か方策が見つかります。
次女さんグッジョブ!やっぱりたくさんの人が関わるといろんな変化が起きるよね。思いつめずたくさんの人を巻き込みましょう!
泊まり込み作戦、お疲れさまでした。しっかり体を休めてね。

2017/08/19 (土) 18:25:50 | URL | YUcana #jcOaHd1Q [ 編集 ]

YUcana さんへ

父にしてみたら、まさに寝耳に水の話だもんね。はい、そうですかとすんなりいかないのは分かっていたことなんだけど。もうちょっとさらっと流せば良かったんだけど、ムキになっちゃったので、よけいに父を混乱させたんだと思う。自宅に帰ってきたことだし、ちょっとクールダウンしてみるわ~。

2017/08/19 (土) 21:13:15 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: