歯医者で口腔ガン検診について聞いてみた

母は口腔ガンだ。口の中のガンって、胃がんや肺がんとかに比べるかなりマイナー。舌がんというのは聞いたことがあるけど。分かったとき、ネットでざくっと調べていて、早期発見のためにはまめに歯医者で診てもらいましょうみたいに書かれていて、私は半年に1回定期検診受けてるから大丈夫ね!と安心してた。


でも、ある日気がついたのだけど、自治体から来る健康診断の受診券には、歯医者を対象にして「
成人定期検診」と「口腔ガン検診」の2種類ある。ということは、口腔ガンの検診って何か特別なことをするのだろうか?

だったら、私も受けておいた方がいい? ガンって遺伝するっていうし。何より母を見ていて、同じガンでも口って悲惨だなと思う。手術するとなっても、目に見えるところを切り取るわけだから、見た目も変わるし、話したり食べたりするのにも支障がでる。母の場合はかなり進行してから見つかったから、こうやって1年以上生きられたのだから、むしろ手術は選択肢になかったのはラッキーだったのではと思うぐらいだ。

でも、とにかくなりたくないので、今日恒例の定期検診に行くついでに歯医者さんに聞いてみた。

すると「口腔ガン検診」というのは、歯ぐきの粘膜のところを押してみたりして、ガンがないかどうかチェックするというもので、やはり普通の検診とは別モノっぽい。「必要ですかね?」と尋ねると、「普通は見た目でだいたい分かるので、怪しいと思えばやったほうがいいですけど」ということだった。

そんなやりとりがあった後、一通り見ても特に何も言われなかったので、いつも通りの検診と歯石取り、表面磨きで終了。

ついでに、前から気になっていた、下の前歯の表側歯ぐきが透けて中の白いものが見えてるのは何?と聞いてみると、骨が透けてるんですと。粘膜が薄くなってきてるからということらしいけど、特に問題はないと。そして、斜め下内側あたりに、白くぷくんとふくれてるところがあるのも聞いてみると、骨隆起というもので、文字通り骨が盛り上がったものだそうだ。かみ合わせや食いしばりなどが原因で異常発達した状態で、こちらも特に問題はないらしい。「強いていえば」と説明してくれたところによると、入れ歯を入れるときに邪魔になることがあるので、その際は取った方がいいこともあるけれど、それも「ぽこっと簡単にはずれる」ので大したことはないのだと。

実は昨日の夜、ベッドの中で口の中をベロでさわっていて、「この腫瘍はなんだ!」「もしかして?」なんて心配してたので、ほっと一安心。

母の場合は、毎月歯医者にいっていても、そこまで分からなかったんだから、見逃しってこともありうるんだけどね。

2017.09.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: