父、かかりつけ医の診察を受ける

先日、父の便失禁という非常事態を受けて、ケアマネさんから介護保険の認定見直しを申請するよう進言された。この前も書いたように便失禁そのものはあれきりないのだけれど、今後症状が悪化したときのために。現在お願いしている食事の支度など「生活支援」は点数が低いので余裕だけれど、今後「身体介助」が絡んでくると、今の要介護1では不足するというのが理由。


申請書はケアマネさんが書いてくれるけど、こちらとしては、かかりつけ医に意見書を書いてもらい、調査員が来る調査日に立ち会う必要がある。調査は基本平日なので私が行くとして、かかりつけ医への診察付き添いは姉に頼むことにした。

ちょっと前まで毎月自主的に受診していた父。3月末にもらった薬をどこかに置いてきてしまうという騒ぎ(そのときの日記はこちら)を起こして以来、付き添いが必要になった。4月末は私が忙しくて次女を動員したのを見て、「どっちみち土日は実家に行くのだから、自分が付き添う」と5月末は姉が行ってくれた。そのときはおとなしく行った父、6月末に行くときは、「行かない」とごねて大変だったらしい。

処方されていた認知症の薬(アリセプト)も、母に管理してもらっていたはずが、7月末に母の入院前に実家に行ってみると、実は父がため込んでいて全然飲んでないということが判明。飲まなくても変わりないなら、嫌がるのを無理矢理連れて行くこともないか、、、と、結局7月も8月も診察は受けていない。

そんな経緯があったので、姉も気が重そうだった。実際今回も行かないと拒否して難儀したらしい。結局は連れて行けたものの、父が不機嫌で険悪な雰囲気らしく、姉はプリプリ怒ってLINEしてきた。

病院には事前に私が電話して事情を説明しておき、姉にも段取りを伝えてあったので、とりあえず目的は達せたようだ。んが。採尿と言われて、3回も水道水を入れてきてしまったという父(笑)。聞けば笑い話だけど、付き添う方はたまんないよねぇ。まさか男子トイレに一緒に入る訳にもいかないし。

認知症のテストもまた受けたらしいけど、姉曰く「生年月日と野菜の名前以外全滅だった」とのこと。よく分かんないけど、医師からは「お金の管理や、ひとりでの外出は無理ですね」と言われたと言うから、やはり症状は進んでるという結果が出たのだろう。

金曜の夜から泊まり込んで今日一日相手をして疲れ果てた姉、明日の日曜はヘルパーさんが来ないので、いつもは土曜日に泊まるのだけど、今日は泊まらず一度自宅に戻るという。そういう姉にまた「俺をひとりにする気か!」と怒ったという父。お盆休みに私が帰ったときと同じねー。

「もう振り切って帰って来ちゃったけど、こんなことだと、毎週行くのが本当に苦痛!!!」というのも、ごもっとも。

お盆に1週間べったり世話をしてあげたことで、父にいらぬ期待を抱かせたと後悔した私。このままだと泥船に乗っていっしょに引きずり込まれちゃう、、、って不安もあって、あれ以来、父とは少し距離を置いている。この先の施設入居も考えると、娘じゃない他人(ヘルパーさん)だけに世話してもらう環境にも慣れてもらった方がいいかなとか。身勝手だとは思うけど、無理をしてまでお世話してあげたい!という気持ちになれないのも事実。

姉には、無理して毎週行かなくてもいいよと伝えておいたけど、まあ彼女も発散したかっただけなのかもしれない。自分は土日に行くことしかしてないって引け目も意地もあるみたいだし。私としては、なんかもういろいろ通り越して、もう私も無理しないから、姉も無理しなくていいよという心境。

となると、、、やはり、父をいずれは施設に入れることを考えなくちゃなのだ。

ということで、とりあえず近くの老人ホームに見学の予約電話を入れてみた! そこがいいかどうかより、とりあえず一度行って話を聞いてみれば、何か展開するかなと。



2017.09.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: