お坊さんからの電話

母逝去の話を書いてから、お悔やみのメッセージをくれたみなさん、どうもありがとうございました。いろいろ心配していただいて恐縮なぐらい、びっけさん元気です。

母を家に連れ帰らず葬儀場に安置してもらってることもあり、実家にいても父の見張りぐらいしかすることがないので、今日は自宅でいつも通りに過ごしてた。さんざん覚悟してたし、シミュレーションしていたとおりにコトが運んでいるという感じで、今の時点ではまったく感傷的な気分にはなってないのが自分でも不思議なぐらい。

昨日自宅に戻ってきてからは、親戚などに訃報の連絡。父方の親戚と母の友人は姉に頼んできたので、私の担当は母方の親戚と近所の人だ。

近所の人は、昨年春に母が脊柱管狭窄症で入院したときに、日頃お使いのある人を聞いて、ご挨拶にいっていたので、比較的スムーズにすんだ。

問題は親戚。そもそも冠婚葬祭しか付き合いがない上に、どちらの親戚も父母の兄弟世代はひとりを除いて他界している。独立した子供たち(いとこ)の連絡先が分からず、父方母方ともに実家を継いでいるいとこに他のいとこたちの連絡先を教えてもらって、ようやくミッションコンプリート。ふー。

こうなった理由は、母の住所録が行方不明になってしまったこと。母の寝室にあったのを私も見たことあるし、姉は母の入院後に一度それを見て母の友人に電話しているのだ。それなのに、ないという。父に聞いても、分かるはずもなく。。。(みんな、親がしっかりしてるうちに、連絡すべき人のリストは確認しておくべし!)

一夜明けて今日は、祭壇の横に飾る生花の発注。遺族側が出す「施主」「子供一同」「孫一同」「親戚一同」に加えて、個人的に申し出てくれた人の名前で申し込む。申し込みはFAX。メールはダメですか?と聞いたけど撃沈。FAX受信した後、電話かかかってきて名前の漢字の確認。そんなんだったら、最初からメールで受け付けてくれれば、誤字の心配もなくていいのにね?

一段落していたら、なんと明日あさってお願いするお坊さんから電話が掛かってきた。「戒名をつけさせていただくにあたりまして、故人さまがどんな方だったかお聞きしたいので」という。

今までお寺さん関係とは無縁だったわが家。当然菩提寺もないので、お経をあげてくれるお坊さんも、葬儀社に依頼してあった。そもそもこの葬儀社も小さなお葬式というネットでパック販売しているサイト経由で申し込んだものなんだけど、お坊さんも一括お布施16万円という定額パック。とりあえず袈裟着てそれらしきお経読んでくれればいいのかな、ぐらいに思っていたので、ビックリ。

聞かれるままに、「社交的でほがらかな人でした」「気が強く、最初の入院時にも元気いっぱいで保他の患者さんの世話までして看護師さんに「大ボス」と呼ばれ4kg太って退院しました」とか、思い出話をする。出生地や趣味、闘病の経過なども。10~15分ぐらい話していたかな。

とても優しくて丁寧な感じのお坊さんで、話をしていると癒される感じ。お寺なんて、、坊さんなんて、、ってなめてました。ごめんなさい。明日あさってはココロしてお経を聞かせてもらいます(笑)。

そんなこんなで、いろいろ電話がかかってきたり、かけたりの慌ただしさはあったけど、かなり静かな一日。

前に買ったこの本でも読んで、今後の手続きをおさらいしておこう。

2017.09.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 葬儀



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: