お墓を見学する

母の見送り、次なるステージはお墓探し。


父は次男なので、お墓がない。生前に買おうという話はあったらしいのだけれど、ある時期に「親が勝手に用意するより、お金だけ残して置いて子供の都合のいいようにさせる方がいい」という話を誰かに聞いて、「やっぱり買うの辞めた」と言っていた母。


父と母と姉と3人のお墓だから、本来、私は部外者。ここまでありとあらゆる手続きを進めてきたけど、さすがにお墓は知らないからね!と言ってあったのだけれど。


葬儀社との打ち合わせのときに、余談で「お墓の方は?」と聞かれたときの様子からして、こりゃ何も考えてないっぽい。母は生前、自分の姉が夫の遺骨を何年たっても自室に置いたままにしているといことで文句を言っていたし、なるべく早めに納骨してあげたい。父ひとりの家にいつまでも置いておくのも不安だし。



それに、引き継ぐ人がいないことが分かってるのだから、永代供養墓がいい。となると●●家の墓ってわけじゃないんだから、私が口出しできないってことでもないし!(永代供養について知りたい人は、こちらなどが参考になるかも)



というわけで、独断で墓探しに乗りだした。情報を探してみると、さすが今どきは、永代供養墓を用意しているお寺は、たーーーくさんある。一括サイトも。


いいお墓

全国永代供養墓Web

納骨堂com

納骨堂ネット

永代供養ネット

納骨堂サポートセンター


独自でWebを持っているお寺もたくさんあるので、「永代供養墓」で検索をかけると、いっぱいヒットする。その中から、どうせなら都内の駅に近くて便利なところ、浄土真宗のお寺で絞り込み、さっそく2つ見学に行ってきた。


ひとつは四ッ谷三丁目から10分弱の真英寺。ひとつの大きな石碑にお参りする永代供養墓の他に、夫婦墓、家族墓として、2人用、3~4人用の個別の墓石を持てるパターンもある。契約期間が終わったら合祀される。期間限定の簡易お墓って感じ?夫婦用で50万、家族用で100万。年間管理費1万円。最初から合祀される永代供養墓だと15万円で年間管理費無料。


行ってみると街中の小さなお寺。高台で眺めがいいけど、かなり手狭な感じ。対応してくれたのは住職の息子さんの副住職で30代前半ぐらい? ちょっと頼りなさげだけど、浄土真宗の教えについて食らいついていろいろ質問してたら、「こんなに一生懸命聞いてくれる方は珍しいので、うれしくなっちゃいます」と言って、いろいろ教えてくれた。お墓とは別のところで勉強になった。彼はFacebookもやってるし、寺ヨガとかデスカフェとかもやってたりして、がんばってる。以前、取材したことのある「お寺の未来」の話(そのときの取材レポートはこちら)をしたら、それも知ってた。


2つ目は早稲田駅から徒歩2分ぐらいのところにある龍善寺。ここのメインは納骨堂なんだけど、うーん、こういうタイプはやっぱり違和感があるかなぁという感じ。すごくキレイで近代的すぎちゃって。父、母、姉3人分のお墓と思えば安上がり(68万円、年間管理費1万3000円)。こちらの永代供養墓は28万円、夫婦ふたりで40万円(管理費なし)。ここの永代供養墓にはこのお寺の住職も眠るそうで、そう聞くとちゃんと供養してもらえそうな気がしてくる? ただ、このお寺、「相続ポイント」(払った料金に応じて貯まって、法要のお布施にプラスする「お気持ち代」に使える)とか、よく分かんない仕組みがあって、なんか世俗ぽすぎて、それもなんだかなーって感じ。


どちらも一長一短で決め手にかける。そもそも私の一存では決められないから、姉の意見も聞いて決めるのだけれど。来週もう1件行こうと思ってるので、それと合わせて、情報を整理したレポートを作って、パンフレットといっしょに姉に郵送して、検討してもらおう。


お母さん、秘書は鋭意調査中ですから、もうちょっと、待っててね~。


ちなみに、この日は、午前中取材からの、午後お墓見学ツアーからの、夕方はまた次女のドレス試着に付き添い。この前はサイズオーダーからのチョイスだったけど、この日はレンタルからの。またまたかわいいのだらけで、悩みは深まるばかり。


おかげで私のスマホの写真フォルダは、葬式→ドレス→お墓→ドレスと、冠婚葬祭色豊かですー。








2017.09.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お墓探し



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: