葬儀に関連して知ったプチ知識

先日の戸籍のこともそうだけど、母の死去に際しては、今までの人生で体験しなかったいろいろなことを知る機会となって、大変だけど、なかなか「学びの多い」毎日だ。


たとえば、通常お葬式のお香典は「御霊前」、四十九日後、一周忌などの法要は「御仏前」と書かれた熨斗袋を使う、というのが一般的な常識だ。(ということを知ったのも、結構おとなになってからだったけど)

でも、前にも書いたように、浄土真宗では亡くなったら即成仏して極楽浄土へ行く。つまりお葬式のときにもすでに「仏」になっているから、本来「御霊前」というのは正しくない、ということになる。とはいえ、お葬式に来る人たちは、そもそもそのお葬式がどんな宗派でやられるかなんて普通は知らない。仮にあの家は浄土真宗だったっけという情報があったとしても、その人が自体が信徒でなければそういう違いを知らない可能性も高い。だから、「御霊前」ののし袋を使っちゃったからといって、マナー違反だと思われることはないはず。あくまで、元々の意味からいうとね、という話。

実際、母の葬儀でいただいたのし袋を見ても、ほとんどすべてが「御霊前」だった。ただ、1枚だけ違うのがあった。

IMG_4817.jpg 

一番右のやつね。「ごこうでん」と読むらしい。

この袋を使っていたのは父の実家の跡取り(私のいとこ)。そもそも父の実家が浄土真宗だから……ということだったので、当然といえば当然なんだけど、やっぱり浄土真宗の人は「御霊前」を使わないのね。

うちが今回浄土真宗でやるということは知らせていなかったけど、おそらく習慣として「御霊前」は使わないから、そもそも自宅に買い置きしてないのかもしれない。この地方(石川県)は圧倒的に浄土真宗が多いというし。もしかしたら、近くのお店で普通に売ってなかったり?

あと、浄土真宗では「ご冥福をお祈りします」という言葉もそぐわないんだとか。

「ご冥福」とは、つまり亡くなった人があの世で幸せになることなんだけど、浄土真宗では必ず極楽浄土にいって幸せになれるんだから、祈る必要はないと。天国に行けると信じられるキリスト教も同じという話も見かけた。(この解説がわかりやすい。「ご冥福をお祈りします」の意味と正しい使い方

ネットでこの手のことを調べると、いろいろ質問してる人がいて、答えている人がいて……というページが沢山出てくる。たいていは、「マナー違反だ!」と叩いてる人がいて、「本当はどっちでもいいんだ」と解説している人がいて(笑)。

そもそも、こういうのは基本は気持ちの問題なんだから、あまりうるさいことを言う必要はないというのが、個人的な意見。葬儀や仏事にまつわるいろいろなことも、実際にお坊さんに話を聞くと、「そんなに堅苦しく考えることはないんですよ」という。

お香典にしたって、要は「亡くなった人のために使ってくださいね」という気持ちの表れであって、わざわざ持ってきてくれただけで十分ありがたいこと。さすがに紅白の熨斗がついた祝儀袋を持ってきたら、頭がおかしいのか、痛烈な皮肉なのか、ビックリするだろうし、普通の白い封筒でも、「非常識」という印象は持っちゃいそうだけど。

厳密な意味合いはともかくとしてお、その辺の境目、どこまでが「常識で許されるのか」が分からないと不安なのよね。仏式じゃなくて、神式とかキリスト教とか無宗教とかそういう式だったらどうすればいいか?とか。まあ、そういう「レア」なケースは、他の人もよく分かんないから、「みんな分からないだ」と思えば、気が楽かもね。




2017.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 葬儀



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: