FC2ブログ

読書録:『小泉進次郎と福田達夫』


小泉進次郎と福田達夫。共に総理大臣経験者の父を持ち、親子3代の世襲議員。自民党の農林部会長と部会長代理という立場でタッグを組んだ二人の対談を、時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏がまとめたもの。

TTPへの対応という難しい時期にこのポジションを与えられ、その後農政改革をどう進めていったか。政治の難しい話よりもその裏話的な話がたくさん出てくる。

生い立ちから始まって、プライベートでは父とどんな関係を築いているかとか、のぞき興味を満たしてくれるネタもある。対談集だからほとんどが話し言葉で書かれていることもあって、読みやすい。ふたりのキャラクタも分かりやすく描かれている。

お互いの欠点なども指摘しあっていたりもするのだけれど、全体的には「この若手二人は有望だ」と思わせる話が続く。特に進次郎については、ああ見えてすごく勉強家で、若手の一般官僚にまで気配りができるとか、好印象な描写がほとんどだ。

ご丁寧に菅官房長官など自民党の先輩議員へのインタビューもあって、いかにまわりに可愛がられていて、未来のトップとして期待されているかを感じさせる。

若気の至り的な欠点は度々指摘されているけれど、むしろ、褒めちぎるだけじゃないところが、等身大のリアルな姿が見えて好感度を上げているのも、作戦?

なんて、イジワルなことを書きたくなるのも、この本はそもそも進次郎からの持ち込み企画だったと書かれているから。そうじゃなくても政治家が本を出すときはアピールのため以外のナニモノでもないのだけれど。

先日の新聞でみた世論調査の「次の総理は誰がいいか?」という質問で、安倍ちゃんを抜いて1位だった進次郎。とても今はまだ無理だけど、いずれはそういうときが来るんだろう。

この不確実な世の中、数年先のことは分からない。本人に力がついたとき、まわりに対抗馬がいるのか、自民党と野党の関係はどうなのか。世界情勢は。経済状況は。いろいろな要因によっても風向きは変わってくるんだと思う。

これだけ若い時からずっと期待されている人って珍しいけど、その分、その「期待値の高さ」が最大の敵になってしまうような気もする。期待が大きいぶん、点数も辛くなるもの。それは本人も周りも十分わかってると思うから、それなり覚悟で準備を進めるのだろうね。

2018.06.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: