FC2ブログ

おじいちゃん日記0606

明日から2週間旅行に行くので、その前に父に会いに行ってきた。


「おかあさんはどうしてる?」と聞かれたのは久しぶりだ。「元気か?」「変わりないか?」と3回ぐらい聞かれた。「うん」「変わりないよ」と答えておいた。変わりないのは嘘じゃない。

2ヶ月ぶりぐらいに日報を見せてもらう。相変わらず、あちこちに放尿したり、便をいじったりとシモ関係のいろいろは日常茶飯事。それはスタッフも慣れてると思うけど、困ってる様子なのは、他の利用者のおばあさまに関わること。

どうも最近は特定の誰かというわけではないらしいけど、説教をしたり、部屋に入っていったり、つきまとったり。父としては、たぶん「自分が世話をしてる」つもりで、悪気はないのだけれど。

4月からフロアの責任者(ケアマネ)になった女性に言わせると、「●●さんは、悪くないのよ。普通あんなふうに変な声出してたりしたら、なにか言いたくなるのも無理はない」って。「自分の倫理観からしたら許せないんだと思う」とかばってくれる。

今のフロアは、「まわりが重度の人ばかりで●●さんが可愛そう」とも言う。だから、「デイサービスにつれていこうかと思っている」と。

この施設は同じビル内に、有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスが入っている。だから、デイサービスに行くといっても、上の階に行くだけ。聞く所によると、デイのほうがもっと活気があるから、刺激になって楽しいんじゃないかと。「夜ももっとよく眠れるようになるかも」とも。

今までにも、ことわざクイズみたいなドリルをやったりはしていて、風船バレーをしたとか、「体操は拒否したけど、手を動かすのは楽しそうにやってくれた」なんてレポートもあった。

他人といっしょに何かをするなんて嫌いじゃないかと思ってたけど、確かに、シーンとした今のフロアにいるよりは、変化があっていいのかもしれない。

今度の責任者は、いろいろ考えて積極的にする主義らしい。4月から「便の回数」まで記録したレポートが届くようになったし、担当スタッフの顔と名前がわかる一覧表を作ってくれたり。お部屋の入り口に、それぞれの誕生花の花言葉を書いて貼ったり(たぶん、それは誰も理解してない(笑)。)

せっかくのトライだから、父が少しでも楽しい時間が増えてくれれば良いなと願いつつ、安心しておまかせできるスタッフに感謝して、明日からいってきま~す。

2018.06.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: