FC2ブログ

読書録:『コンビニ外国人』


最近のコンビニでは当たり前になった外国人店員。コンビニに限らず、日本各地の工場や農村、漁業の現場では、すでにかなりの数の外国人が働いているという。そんあ日本で働く外国人を取材したルポルタージュ。

なぜコンビニの店員は外国人ばかりなのか? その答えは人材不足で日本人が集まらないから。大手のチェーンでは、母国のスタッフを使った研修などその受け入れ体制も整ってきていて、彼らにとっても働きやすい職場ではあるらしい。

その多くはアジアからの留学生。彼らが日本にやってくるのは、経済格差によるジャパンドリームを夢見ることに加えて、留学生ビザで労働ができる条件が日本はゆるいことも大きな理由になっているそうだ。つまり、日本なら留学生という名目で働ける。

実際は週に28時間という制約があり、それを破ると強制送還になったりするけれど、留学生ビザを発行する日本語学校への規制が遅れたために、かなりいいい加減な学校もあり、実は働くことが目的でやってくる人も多いんだとか。

もちろん、真面目に勉強してがんばっている留学生の話もたくさん出てくるし、ブローカーに多額の借金があり、かなり切迫した経済状況に置かれている例も出てくる。

ここで訴えている問題は、日本では今移民の受け入れに賛否両論があるけれど、現実問題として、すでに外国人労働者に頼らなければ立ち行かなくなっているということ。そして、こうやって外国人がやってきてくれるのも、東京五輪のちょっと後までぐらいかもしれないという。日本がいつまでも憧れの対象であり続けることはないのだと。人口は減るばかり、若い人がいない、外国人もやってこない。その先、日本はどうなるのか???

この本の最終章では、人口減少に悩む地方の小さな自治体による独自の取り組みも紹介されている。印象的だったのは、「外国人は苦手」と言っている時代ではなく、もはや「多文化共生は必修科目」と語っていたこと。そして、これからはピンチヒッターとして地方を支えてくれる人材の奪い合いになるだろうとも。そのときに選ばれる街になるように、今から備えるのだという。

先日の台風では、外国人向けの情報サイトを、NHK総合のニュースの中で英語で案内するなんてこともしていた。今後、何かあるたびに、こういうことも変わっていくんだろう。

どこの国でも外国人住民が増えることは混乱を招くだろうけど、特に日本のような「空気を読んで、自分からマナーを守る」ことを要求される社会は、外国人にとってハードルが高いだろうなとは思う。でも、逆に考えれば、「ちゃんと説明しないとわからない」ということが増えれば、日本人同士のコミュニケーションも変わってきたりするのかなとも思ったり。

グローバル化はもう避けられない以上、それが良い変化をもたらしてくれることを祈るばかり。

2018.10.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: