FC2ブログ

映画『洗骨』を観てきた

近所のミニシネコン。しばらく行ってなかったけど、チラシを見て突然思い立って行ってきた。


作品はガレッジセールのゴリが監督をしたという『洗骨』。洗骨とは文字通り骨を洗う儀式。亡くなった人を棺に入れたまま放置し、4年後に白骨化した骨を取り出して洗って納骨するという風習だ。作品の舞台となった粟国島や与論島では今も続いているという。

一家の母親が亡くなったというシーンから始まり、その4年後に洗骨をするために家族が集まってきたところから、家族の物語が描かれる。妻の死を受けいられない父、離婚問題を抱えた息子、臨月のお腹で帰ってきた娘。クライマックスの洗骨の儀式とそれに続く出産シーンは圧巻だった。

臨月という設定を見た時点で「あ~、死と生をつなげたいのね、お手軽すぎ?」と思ったけど、どちらのシーンもものすごくリアルに描かれていて、非現実的ではあるけれど、人間の死と生をリンクさせて感じざるを得ないインパクトは大きい。知らないうちにずっと涙が流れっぱなし。

死者の骨を洗うなんてかなりグロテスクな話だけど、映画自体はまったく暗くない。ちょいちょいコメディチックな場面も散りばめられていて、心が温かくなる作品。そういう意味ではおくりびと系?

父親役は奥田瑛二。往年のイケメンスターも飲んだくれのダメダメ爺さんを演じる時代なのね。おばさん役の大島蓉子が良かった。と書きつつ、実は名前知らなかったんだけど、顔を見たら絶対知ってる女優さん。ドラマや映画でいっぱい見たはずなのに、何に出てたか思い出せない~。でもみんな知ってるはず。口うるさくておっかないけど優しくみんなを仕切って守ってくれるオバチャン役が頼もしくてかっこよかった。現実にいたら面倒臭そうだけど(笑)。

ところでこのシネコン。実は昨年暮れに一度閉館になって経営母体が変わったらしい。年間パスポートもなくなっちゃったので、普通料金で行ったら1800円。わー、これじゃ普通の封切り館と変わらないなー。今度から1日とか水曜日とか1000円の日に行かなくちゃ!


2019.03.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: