FC2ブログ

おじいちゃん日記001015と、How was the typhoon?

ここのところ毎週火曜日は、英会話+父の施設行き。


英会話のフリートークは「How was the typhoon?」。自分は大丈夫だったけど、大変だったねぇみたいな模範のやり取りが用意されていて、何か付け加えたければご自由に。

本日参加の6名(2名は旅行中のため休み)はみな被害はなかったとのことだけど、「両親が避難所に避難した」という人がひとりいた。土のうを積んで備えたという人も。英会話ではないけれど、今朝一番で行った頭痛クリニックの待合室で一緒になった人は、横浜に住んでいるんだけど、避難指示が出て、避難するかどうか迷っていたら風雨が強くなったので逃げるのをやめて結局家にいたということ。

自分の家のまわりでは直接爪痕を感じることはなかったけれど、やはりこれだけ身近に直接怖い思いをしたという話を聞いたのは初めての体験だ。

そして、父の施設。たまたま今日も施設長に会ったので「台風どうでした?」と聞いてみた。前にも書いたように川のすぐ近くなので、上から眺めてはどんどん水位が上がってくるのが見えて、スタッフは相当怖い思いをしたらしい。おまけにビルがオンボロだから、雨漏りも結構したみたいで。

もっとも父たちグループホームの入居者たちは、もちろんそんなことは知るよしもなく、いたって普通に穏やかにしていたのが幸いだったと。父に「台風すごかったね」というと、「そうそう」とは言っていたけれど(笑)。

その父、今日はやたらに不機嫌モード炸裂。最初私が何か話かけても適当に「そうそう」というばかりで、全然耳に入ってない感じ。眉間にシワを寄せてイライラしている。そのうち、斜め前に座っていた男性利用者を指差して、「あんたいったい何時になったらやるつもりなんだ!」とか怒ってる。この前も似たようなことがあったけど、今日標的になった方はいくらか分かる人なので、何か責められているということは感じるようで、困ったようにおどおどしている。「すみません、ごめんなさい」と謝っておいたけれど。

スタッフに聞くと、やはり最近こういう日が結構よくあるらしい。朝起きていきなり不機嫌なときもあるけれど、だいたいは周りの人を見ているうちにだんだんイライラしてくるとか。スタッフに対して礼儀正しくするのは変わらないんだけど、「あんたも???しなさい」とか、なんか上から目線でやな感じ。スタッフは気にもしてない風だけど。

そのうち、標的の男性が席を立って自分の部屋に行ってしまった。父のせいというよりは、この人は割といつも自室にいることが多い。目の前から消えたら父のイライラもだいぶ収まったようで、私との会話にも少しは反応してくれるようになり、テレビの台風被害のニュースにも、「おお、これは大変だな。死者50人とか書いてある」など関心を示した。

ところで、この日記にもよく登場していた例の「あらぶる女」が、今日はやたらおとなしくて。スタッフも「こんな日は珍しいよねぇ」と笑ってた。見ると表情がいつもと違ってすごく穏やか。

父にしても「荒ぶる女」にしても、機嫌が良かったり悪かったりするには、何か本人なりの理由があるんだろう。でも、それを察するのはなかなかむずかしい。

父の場合は、よそ行きモードがなくなってもともとの性格が出てきただけ?って気もするところが、ちょっと憂鬱。あんまりいつも機嫌悪くしてると、足が遠のいちゃうよ、お父さん!!!

2019.10.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: