読書録:「眠りの森」

眠りの森 (講談社文庫) 眠りの森 (講談社文庫)
東野 圭吾 (1992/04)
講談社

この商品の詳細を見る


バレエ団を舞台にした殺人事件の謎を追うミステリー。
東野作品にしては珍しく、犯人捜しや、その動機などが最後までわからない、本格的ミステリーだ。

実は、私がこの本を読んだのは2度目らしい。。。。
読んだ本は、すべてエクセルで管理しているA型気質な私なのだけど、この本を借りてきてインプットしようとしたら、「眠り・・」と入れた段階で入力支援機能が働いて「眠りの森」と出てきた。で、検索して探してみると、確かに約2年前に記録がある。

あれ~、記憶にないなぁと思いつつ、ペラペラと先をめくってみる。出だしは覚えてなくても、どこかで想い出すところがあるかと思って。でも、どのページをチラ見しても、まったく記憶がない。細かいところはともかく、ミステリーなのに、誰が犯人なのかも思い出せないって、ありえる???

そんなことをブツブツつぶやいてたら、本の表紙をのぞきこんだ夫が、「あ、それキムタクのドラマの原作じゃないの?」って。。
いや、あれは「眠れる森」で、野沢尚のオリジナルですから(^^;)。

これね↓
眠れる森 DVD-BOX 眠れる森 DVD-BOX
中山美穂、仲村トオル 他 (2005/04/20)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


どうしようかなぁと思いつつ、なんか悔しいので読み始めた。「あ~、そうか、そうか」と思い出したところでやめようと思ったのに、全然思い出せないうちに、最後まで読み終えてしまった。

うーん、もしかして、これは実は読んでないのかな~。
でも、よりによって東野作品で、借りてきたのに読まずに返しちゃうなんてこと、考えられないし。なんか登場人物の人間関係とかは、デジャビュな感じはあるのよね。だからやっぱり読んだのではないかと。他の作品と感じが違う分、印象に残ってもよさそうなものなのに。頼みの(笑)ブログの記録にもないってことは、イマイチって感想だったのかも。確かに、フツーのミステリーな感じで、東野作品独特の「切なさ」とか、犯人の心理描写なんかが少し薄かったような気もする。

いやしかし。
たった2年でここまできれいに忘れてしまう、私の頭は、やはり問題があると思われる。大丈夫か?私!

もしかして2年後にまた同じ本を読もうとするといけないので、今度はしっかりブログに書いておこう(笑)。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

2007.10.15 | | コメント(3) | トラックバック(1) | 読書録



コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2010/05/04 (火) 17:54:36 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

藍色さんへ

訪問ありがとうございました。お言葉に甘えて、トラバさせていただきました。

2010/05/04 (火) 21:30:40 | URL | 名乗りたくないの #- [ 編集 ]

藍色さんへ

訪問ありがとうございました。お言葉に甘えて、トラバさせていただきました。

2010/05/04 (火) 21:31:03 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: