FC2ブログ

デュアルSIM

先日、イギリスのSIMカードをAmazonで購入し、ヨーロッパで便利に使えた話を書いた(→進化する海外でのネット事情)。


今回初めて自分自身のスマホに他国のSIMカードを入れたのに加えて、もうひとつの初体験としてはデュアルSIMもそう。

出発前にAmazonで購入したSIMを実際に入れてみようとして初めて気がついたんだけど、私の持っているスマホ(oppoのR11s)は、SIMカードを入れるスロットが2つあるのだ。

2つのうち1つは外部メモリカードとしても利用できるらしい。でも、本体だけで64GBあって今のところ十分なので、使ってなかった(16GBのiPhoneで写真を保存しきれなくなっていた時代もあったのにね)。

2つSIMカードスロットがあるとどうなるか。

普通なら、普段使っているSIMを取り出してそのかわりに海外で使うSIMを入れる。でも今回は普段日本で使っているmineoのSIMはそのままにして、2つ目のスロットに海外用を入れた。

すると設定画面から、通話やネットにつなげるときにどちらのSIMの通信を使うかを選べるようになる。ダイヤル(通話)は、「SIM1」か「SIM2」か「常に尋ねる」から選べ、インターネットはSIM1かSIM2かを選べる。

dualsim.jpg 

この画面は帰国後、もう海外SIMの有効期限が切れちゃった状態で撮ったスクショなのでSIM2(+44というのはイギリスの国番号)が使えない状態のため、「インターネット」でSIM1しか選べなくなっちゃってるけれど。

現地ではダイヤルは「常に尋ねる」で(緊急連絡で日本にかけることを想定して)、ネットはイギリスSIMであるSIM2を利用。念の為、SIM1(mineo)の設定はデータローミング不可にしておけば、パケ死する心配もない。(ただし、mineoの場合通話はローミングできるけど、データローミングはそもそもでできないらしい)。

大手キャリアでデータローミングできちゃう人は、万が一に備えてそもそもSIMカードを抜いて置いたほうが安全かもね。私は抜いたSIMカード自体を物理的になくしちゃうのが不安というのもあって、入れておいた。(あと、万が一父に何かあったときに自分の番号で通話できたほうが便利なことがあるかもというのもあって)

このデュアルSIM、たぶん国内で2つの携帯会社を使い分けたい人にも使えるんじゃないかな。たとえばドコモやauは通話だけの契約にしちゃって、ネット用にはmineoみたいな格安SIMのデータ専用を契約するとか。あるいは2つの番号を使い分けたいとか。ちゃんと調べてないのでよくわからないけどね~。

2019.05.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | デジタルネタ



進化する海外でのネット事情

今まで海外に行くたびに、現地でのネットアクセスをどう確保するか、いろいろ調べて挑戦してきた。


韓国では現地でWiFiルーター借りたこともあった。2012年のこと。

その後WiFiルーターを買って+現地SIMカードという方法を何度か。
Wifiルーター&iPhone利用体験記 in シンガポール 
海外でプリペイドSIMカードを使う~チェコ編 

夫がSIMフリーのスマホを買ってからは、複数の国で使えるSIMカードを利用していた。
複数の欧米諸国を周遊するときに便利なプリペイドSIMカード (Vodafone IrelandプリペイドSIM )
ブログに書いた記録が見つからないけど、タイのAISというのを使ったこともあったはず。

そして、今回使ったのはイギリスのThreeという会社のSIMカード。イギリスには行かないんだけど、ヨーロッパ各国で使えるものなので。ヨーロッパでは最近、EU域内のローミング料金が撤廃されたので、国をまたいでも同じ料金で使えるのだ。


このSIMカードは、30日間使えてデータ容量は12GB。ヨーロッパ内の通話とSMS無料。

いつもは夫のスマホにだけ入れていく(Googleマップをレンタカーのカーナビとして使うため)んだけど、今回は私もSIMフリースマホになったので、2枚購入しておいた。

これがめちゃくちゃ便利で。別行動というほどではないけど、片方が買い物に出たときとか、ちょっとはぐれちゃったときとか、普通に通話できる。いろいろ下調べをしたのはすべて私なので、現地でいろいろ確認したり調べたりしたいことがあるときも、私が自分のスマホからサクッと操作できるのは都合がいい。他人のスマホって使いづらいからね。

今まではデータ専用カードを使っていたけど、今回は通話機能付きにしたのも大正解。アパートメントを借りたことが多かったので、そのオーナーと連絡をとるときに、通話やSMSが大活躍した。

20日ちょっとで実際どれだけ使ったかと言うと。
残量9445.23MB、つまり9GB以上残ってる。ホテルではWiFiを使ったこともあったけど、つながりにくかったり遅かったりして使わなかったことも数日あった。昼間はWiFiなしだし。これだけ余るのなら、20日間ずっとWiFiなしでも余裕だった感じ。

auのロックがかかったiPhone使ってた時代は、私自身はWiFiしか繋げないので、事前に調べた情報をいかにオフラインで見られるようにするか苦労したけど(今回もしておいたけど)、いつでもオンラインの素敵さといったら!

何より、出国前にAmazonから買えて、日本語マニュアルもついてる。現地で携帯ショップを探して、順番待ちして、英語でやりとりして……なんてやってた頃を思うと、なんとパラダイス。

今貼ったリンクだと2350円だけど、私が買ったときは2150円。2枚買っても4300円。いつでもどこでもネットが使えた便利さを考えたら、安いもの。ちなみに、日本でポケットWiFiを借りていくと、これだけの日数だと2万円ぐらいになる! auの国際ローミングの「世界データ定額」は1日980円だから20日となると1万9600円。これ一人の値段。

まあ、こんなに長く出かける人はあまりいないだろうけど、1週間や10日でもかなりお得なはず。いやいやいい時代になったもんだ。SIMフリー携帯を持っている人は(最近のスマホなら簡単に手続きできる→超簡単。auで買ったiPhoneのSIMロック解除)一考の余地ありですよ!

ps.書き忘れたけど、このSIM、日本への通話はたぶんかなり高額にはなるので、日本との通話をたくさんしたい人は、LINEの無料通話とか、skypeとか、アプリを使うことを考えた方がよさそうね。

2019.05.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | デジタルネタ



足跡は全部バレている

昨日のツツジを見に行った話で、「少しは外を歩かなきゃ」と書いたけど、考えたら先週まで毎日外を歩いていたのだった(笑)。(帰国後ずっとおこもりだったので忘れてた)


と気づいたのは、Google Mapから(正式にはGoogle Mapsと複数形になるらしい)「あなたの4月の思い出」なるメールが届いたから。

「Google マップのタイムラインでは、過去に訪れた場所をチェックできます。この 1 か月を振り返り、最近の旅行や訪問地での思い出をたどりましょう。」

Googleさんが言うには、私は4月の1ヶ月でなんと88kmも歩いたそうだ!

このデータは持ち歩いていたスマホのGPS機能から取っているもの。旅してる間、バッテリが心配になってGPS切ってたときもあるから、実際にはもっと歩いてたはず。

リンクをクリックしてタイムラインを見てみると、1日ごとにその日の移動ルートが全部見えるようになっている。

googlemap.png 

どこからどこまでバスに乗り、地下鉄に乗り、歩いたか、車で移動したか。ぜーんぶ。時間も。

「すごい!」と感動するべきか、「怖い~」と怯えるべきか。。。。。。。

とりあえず、旅行記書くときは記憶の手助けになってくれそうだ。(誰にもバレたくないところに行くときはGPSを切らなくちゃ!)

このデータは、2009年から見られるようになっている。ただし、実際に私のデータが記録されていたのは2014年からだ。iPhone買ったのが2011年12月だから、ホントならそこからGPS使ってる気がするんだけど。

歩行距離に話を戻しますと。

万歩計持っていかなかったので(iPhoneのときは標準アプリだったけど、Androidにはいいのがなくて)、どのぐらい歩いたのかなー、多いときは3万歩ぐらい?なんて思ってたけど、やっぱり結構歩いてたってことだ。

4月1ヶ月といっても、出発前は東京に取材に行った日(頑張って最寄り駅から30分歩いた)と、父のお花見で、帰りは用事があったので歩いて帰った日にちょっと歩いてるぐらいで、後は10分弱(数百m)しか歩いてない→これが日常。

旅行とそうじゃない日のギャップ大きすぎ。やっぱり普段からもっと歩かなくちゃね。



2019.05.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | デジタルネタ



パソコン再インストール

何年かに一度は書いてる気がするけど、、記録しておかないと忘れちゃうので。


最近、やたらにGoogle Chromeがクラッシュするという事象に悩まされていた。ネットの情報を探してみても、有効な解決法が見つからない。キャッシュのクリアとか、拡張機能を減らすとか、再インストールまでしてみたけどだめ。過去にも同じようなことは何度もあったので、そのうちバージョンアップされれば解決するかなと我慢してた。

そんなこんなで何ヶ月も引きずっていたけど、ついに原因に気がついた。HDD容量がほとんどなくなってた! Windowsから「空き容量が不足しています」ってエラーが出るまで、空き容量のことなんか、すっかり忘れてた。

60GBのうち、空きが380MBとかになってて、chromeのようにメモリを大量に消費するアプリには、無理な環境になってたというわけだ。

空き容量をへらすべくいろいろ試みてみるけれど、あまり減らない。そもそも、ワードエクセル以外大きなアプリは入ってないし、データはみんな他のドライブに保存してる。なんでこんなに食ってしまうのか。

いろいろ悩んだ末、見つかった犯人は、iPhoneのバックアップ。iPhoneはiTunesとつなぐとまるごとバックアップしてくれるんだけど、それが30GB以上にもなってたのだ。

iPhoneのバックアップ先を他のドライブに変えるという手もあったんだけど、もろもろ考えた結果、HDDをフォーマットしてパーテーションを切り直してもらうことにした。というのも、そのHDDもともとは120GBあるものを、60、30、30に区切って使っていた。これを区切りなしのまるごと120GBで使えるようにするということ。それとは別に900GBの外付けHDDがあるので、データはそっちに入れればいい。

実際の作業は、もともとこのPCをセットアップしてくれた夫の知人が引き受けてくれた。宅配便でやりとりしていると時間がかかるので、夫が直接行って即日持って返ってきてくれた。感謝!

私のところに戻ってきた時点では、Windows10の再インストールまでやってくれていたので、あとはせっせと元の環境に戻す作業。

といっても、一昔前と違って、データはクラウドだし、メールもブラウザもGoogleにログインすれば全部元通りだから、本当に楽になった。昔は周辺機器のドライバを入れたり、ネットワークの設定をしたり、いろいろ大変だったことを思うと嘘みたい。

ひとつ失敗したのは、Google日本語入力の辞書をバックアップしてなかったこと。パソコンの再インストールや乗り換えは何度もやってるけど、Googleに変えてからは初めて。以前使っていたAtokではもちろんバックアップしてそれを復元していたけど、Googleのはクラウドにバックアップされてるんだと思いこんでた。でも、引き継ぎたければ、手動で保存しておく必要があったらしい。

ちょっと前のAtokの辞書は残ってたので、それをインポート。その後登録された新しい単語は消えちゃってるけど、大した問題じゃない。でも次からは、ちゃんとバックアップしておかなくちゃ。

HDDも昔に比べたらケタ違いに大きくなっているのに、データもどんどん大きくなるし、なんでもかんでも取っておくから、結局いたちごっこだ。広い家に引っ越せばものが増えて結局収納が足りなくなるのと同じね。Dropboxからも、「もうすぐ容量満杯になるから、有料プランへどうぞ~」という誘いを毎日受けている。こちらも「お片付け」しなくっちゃ。

今のPCを使い始めたのは今年の4月なので、まだ1年も経ってないけど、ゴミがなくなった「きれいなからだ」になるのは快適。また汚れる前にWindowsのバックアップもとっておいた。末永く快適に掴ますように~。


2018.11.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | デジタルネタ



家具をVRでシミュレーション

この前、ダイニングテーブルを探していたとき、「実際の部屋にその家具の3D映像を写してシミュレーショするみたいなシステムがあったらいいのにね!」なんて書いた(そのときの日記はこちら→10年後にはできるかな?)。


10年後と言わず、すでにあった(笑)。私が知らなかっただけ。無念!

数日前の日経新聞にこんな記事。「小売りの店頭にVR・AR 高島屋は家具販売」(ログインしないと詳細は読めないかも)。

ほーと思って、「家具 VR」で検索してみたら出てきたのが、部屋の家具をおためし設置できるARアプリ iOS11のAR機能に対応という記事。

大手の家具メーカーと連携して、そこに掲載されている商品なら、自分の部屋の置きたい位置にカメラを向けるだけで、その家具が実際のサイズで合成されて表示されるという。

さっそく、その「RoomCo AR 」というアプリをDLしてみた。

アプリを起動し、家具を置きたい位置にカメラを向けておいて、アイテムをリストから選ぶ。あら簡単! 

IMG_9550.jpg 

画面上から指で動かすだけで、もうちょっと右とか位置をずらしたり、方向を変えたりすることもできる。

ただ、この写真、商品は今うちにあるのと同じ直径120cmのテーブルを選んでるんだけど、明らかに小さく表示されてる。うーむ。これだけ信じて、「ラクラク置ける!」なんて買っちゃうと大変なことになるかも?

あと、アイテムによっては、全然表示されないこともあったりして、アプリとしての完成度は今ひとつという感じも。

とはいえ、アプリは無料だし、すごく簡単だし、試して見る価値はあるかも? 対応している商品ズバリじゃなくても、似たようなサイズや見た目のものを選べばある程度参考になるだろうし。

次に大物家具を買うときには、もっと進化してるといいなぁ~。


2018.08.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | デジタルネタ



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: